日本の歴史 学習まんが:日本の歴史が無料で読める!

日本の歴史 読んで字の如く、日本の歴史を分かりやすく漫画で書かれている本ですが、ご存知でしょうか?

私が知っている本は『小学館版学習まんが 少年少女 日本の歴史』。
むか〜し昔から発売されています。

ちょっとだけ『日本の歴史』のご説明すると、
まんが『日本の歴史』は、日本の誕生から平成30年までを全22巻で描いてます。
そして、資料系の2冊。
全24巻が現在発売中!

内容的にも中学生レベル以上。
余程マニアックな知識がいる様な私立系でなければ十分。
個人的に非常にオススメな本なんです。

で、その『日本の歴史』が何かと言うと、
現在全巻が無料で読めるんです!
※電子書籍として
無料!タダ!!
<注意>
2020/5/7現在 無料閲覧期間が終了となり、現在は無料で読めなくなっております。

素晴らしい!
コロナウィルスにより、小学館様が家庭学習への応援として無料公開をしてくださっているんです!
ありがたい話です。

外出自粛で外に出れない今、自宅でのんびり漫画を読む日々も素敵だよね!
勉強嫌いでも漫画なら苦痛も少ないもんね!
勉強が好きではない私の個人的意見です(笑)

さあ、読んでみたい!と思った方は、小学館の公式ホームページを下記に添付しておきますので、良かったらどうぞ〜!
小学館版学習まんが 少年少女 日本の歴史のホームページはこちらから。

ちなみに、
公開時期は未定。
いつ無料公開状態が終わるのか分かりません。
だから、気になるあなたはお早めに!

そして、終わってからも読みたい!と言うあなた。
その場合、書籍を実際に買うと言う選択肢はいかがですか?
この機会に全巻大人買いもイイかもね!
知識の元が手元にあるって素敵な日常だよね。
<広告>

日本語とベトナム語(学習サイト)カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ
日記カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ

主語 ベトナム語の超基礎的文法:第3弾!

主語 あらゆる言語において必要な言葉でしょう。
もちろん、省略出来る時にはしますが。
しかし、ベトナム語において、主語が省略された文を見た事がない気がする・・・。

そんな文章において大事な主語を
今回のベトナム語の超基礎的文法:第3弾のメインテーマにしてみたいと思います。

さて、スタートの前に。
今回は、主語がテーマだけど、超基礎的文法:第1弾で主語と述語をやったよね?と思われた方。
正解です(笑)
何それ?と思われた方は、
ブログ:主語と述語 ベトナム語の超基礎的文法:第1弾!をどうぞ。

今回の主語は、前回の文法の作り方とは少し外れます。
しかし、ベトナム語において非常に大事な概念でもありますので、改めて説明させていただきます。
・・・私が妻Quyên(クエン)に、いつも憶えていないと怒られている事項でもあるからです(笑)

さて、問題です。
ベトナム語で『私』とは何と言うでしょうか?

Tôi=私

半分正解!
半分?
前回の第1弾の例文でもTôiって書いてあったじゃん!
そんな声が聞こえてきそう。
はっきり言って、私自身がしっかり分かっておりませんでした。

日本語も英語も『私=I』で正解ですよね。
でも、ベトナム語では、ちょっと複雑なんです。

まずは、『Tôi』の場合。
話相手(聞く側)と年齢・性別を意識しない文章の時に主語として使用OK。
例えば、作文を書く時など読む人が不特定の場合。
だから、ベトナム語の勉強関連の本の例文には、『Tôi』が使われている模様。

では、『Tôi』以外の場合。
先にもチラッと書きましたが、ベトナムでは年齢・性別に対して意識しないといけません。
日本と違って(昔の日本でも敬語という概念はありましたが)、目上の人への対応は結構厳格です。
と言う訳で、自分が話す相手の年齢・性別によって主語が変わります!!

これが一番衝撃的かつベトナム語の難易度を1つ上げている気がする。
ちなみに、私はまだしっかり覚えれていません。
お父さん・お母さんは笑って許してくれてるけど、ベトナム人同士でだったら、非常に失礼な事をしているんだと思う。
・・・私が間違えかけると妻がすぐに訂正に入る事から、そう感じます。

でも、ご安心を。
解決策は慣れです(笑)
頑張っていきましょう!
※全て私から対象の相手に『私は』と言う場合です。
私→お父さん/お母さん=con
私→姉/兄=em
私→妹/弟=anh
私→子供=bố(私が男の場合) /mẹ(私が女の場合)
私→おじさん/おばさん/おじいさん/おばあさん=cháu

さあ、どうでしょう?
色々ありますね〜。
英語を中学で習った時も主語の表現が複数なかったので、戸惑い感がハンパないです(笑)

そして、次に『あなたは』という場合の主語です。
英語で言えば、『You』ですね。
しかし、ここでも先ほどのベトナム語特有の使い方が出てきます。
そう!キーワードは、自分から見ての年齢・性別です。
※全て私から見て『あなたは』と言う場合です。

お父さん=vố
お母さん=mẹ
姉=chị
兄=anh
妹/弟=em
子供=con
おじさん=cháu
おばさん=bác
おじいさん=ông
おばあさん=bà

さあ、どうでしょう?
はっきり言って覚えるの不可能な気持ちになりますね(笑)
妻も私が覚えるのはかなり難しいと思っているらしく、いつも話す前に小声で教えてくれてます。
でも、ベトナム語の文を読もうとする時にも必要になってくるので、頑張って慣れてください!

最後に簡単な例文を。
・Con chào mẹ (こんにちは〜)
これは誰が誰に言っているでしょうか?分かるかな?

答えは、
子供である私が、お母さんに挨拶している状況です!
どうかな?

ちなみに、今の様に、ベトナム語では会話の主語でその二人の関係がアバウトに分かる様になってます。
逆に私を最も悩ませた部分でもありますが。

例えば、
Anh yêu em(私はあなたを愛しています)

Em yêu anh(私はあなたを愛しています)。

Em yêu anh(あなたは私を愛している)

この文章だけを見て、訳をするのは至難の技と思いませんか?
1つ目と2つ目の違いは、年齢・性別の違いなんだとすぐに上の説明からも分かっていただけるかと。
しかし、2つ目と3つ目が問題。
主語が同じ 『Em』だから、主語が『私』なのか『あなた』なのか、パッと見で分からない!

とは言え、ベトナム人である妻でも文章で書いてあるだけだと判別不能だそうで。
分からないのは大丈夫だそうなんだけど。
文章の意味が読み取れない時点で大丈夫と思えないんですが・・・。
知らない時には、非常に混乱したなぁ〜っと、しみじみ(笑)
まあ、これもベトナム語の特徴という事で。

さて、今回のベトナム語の超基礎的文法:第3弾である主語についてはいかがでしたでしょうか?
これを知らなくても世に出回っている文法の本は読めると思います。
でも、より生きたベトナム語でベトナムの人と話をしたいなぁ〜って思っているなら、少しづつ慣れていけるとイイですね。
相手との親しさがグッと縮まるのではないでしょうか?
それでは、次回もお楽しみに〜。

あ、そだそだ。
ベトナム語の勉強中に疑問があったり、日本語を勉強中に疑問がありましたら、
お気軽にページ上部のお問合せ欄からメールでご質問ください。
私と妻で一生懸命お答えさせていただきます。
みんなで楽しく覚えていけるとイイね。

<広告>
ベトナム語を覚える時に使う参考書はどれを使ってるかな?
しっかり学術的に使うなら別の本もオススメですが。
ベトナム語に少しだけ触れてみたい!と思ってるなら、是非この本がオススメです。
世界一難しいベトナム語の発音や基本的な文法を凄く分かりやすく教えてくれます。
私もベトナム語の文法を思い出せない時にお世話になっております。
・・・ほぼ毎回見ているという事実はスルーしてください(笑)
参考書にしてはお値段も手頃だし、ベトナム語に興味のある方は一度中身のご確認を!

日本語とベトナム語(学習サイト)カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ
日記カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ

ベトナムの歌4 Nếu Là Anh(僕ならば)/The Men

ベトナムの歌4 ベトナムの歌をご紹介するブログ第4弾!
今回の歌は、惚れた女性への想いを心に秘めて歌う男性の歌。
タイトルは、『Nếu Là Anh(僕ならば)』です。

全然関係ない話ですが、私が凄く好きな歌でもあります。
このPV&歌詞に出てくる男の人の行動(心意気)が凄くカッコよく思えちゃう訳です。
男性から見てもカッコよく見えると思うのですが、女性から見たらどうでしょうか?

そして、ベトナム女性である妻Quyên(クエン)と居て感じるのは、
日本でもベトナムでもおそらく世界中でも、顔がイイ男はモテるでしょうが、
それ以上に性格って大事に感じるもんなんだなぁ〜って事。

そうじゃ無いと、私は結婚出来ていなかったね(笑)
・・・あれ?性格が良いとも妻に言われないけど・・・大丈夫か?(笑)
まあ、男の価値は顔だけでは無い!と思います・・・多分。
顔がカッコイイ方が出来ればイイに決まっているという妻の身も蓋もない意見はスルーしましょう。

さて、YouTubeと歌詞(ベトナム語と日本語)でベトナムの歌4:Nếu Là Anh(僕ならば)/The Menをお楽しみください!
※歌詞は、妻が翻訳して、私が手直ししましたので、違う部分がもしあったらご愛嬌という事で(笑)

<ベトナム語の歌詞>
Nếu là anh thì anh sẽ
Dành cho em những ngày hạnh phúc
Nếu là anh thì anh sẽ
Nắm tay em không bao giờ buông
Anh sẽ không làm em khóc
Anh sẽ không bao giờ như thế
Anh sẽ cố làm tất cả
Để cho em tháng ngày bình yên

Nếu là anh thì anh sẽ
Dành yêu thương đến em mỗi ngày
Khi màn đêm nhẹ buông xuống
Anh sẽ ru em giấc ngủ ngon
Anh sẽ như là cơn gió
Làm em quên hết bao muộn phiền
Anh sẽ nâng niu vòng tay ấy
Không để em một ngày xa anh

Nếu là anh thì anh sẽ
Dành cho em những ngày hạnh phúc
Nếu là anh thì anh sẽ
Bên em không bao giờ xa
Anh sẽ không làm em khóc
Anh sẽ không bao giờ như thế
Anh sẽ cố làm tất cả
Cho em tháng ngày bình yên

Nếu là anh thì anh sẽ
Dành yêu thương đến em mỗi ngày
Khi màn đêm nhẹ buông xuống
Anh sẽ ru em giấc ngủ ngon
Anh sẽ như là cơn gió
Làm em quên hết bao muộn phiền
Anh sẽ nâng niu vòng tay ấy
Không để em một ngày xa anh

Nếu là anh thì anh sẽ
Cùng em đi hết con đường dài
Khi buồn đau và khi hạnh phúc
Luôn có anh bên cạnh em thôi
Nếu là anh, anh sẽ hứa
Dù mai sau hay ngay bây giờ
Em sẽ luôn là tất cả
Em vẫn luôn chiếm trọn tim anh

<日本語の歌詞>
僕なら君に幸せな日々を作れる。
僕なら君の手をつないで絶対離さない。
僕は、君を絶対泣かせない。
僕は何でも頑張って、君に平穏な日々をあげたい。

僕なら、毎日君に愛情を注ぐ。
夜になったら、君が寝れる様に側で歌を歌う。

僕は風になって、君の悩みを吹き飛ばす。
僕を抱きしめる君の手を大事にする。
1日でも離さない。

君と共に長い道を行く。
僕なら悲しい時も幸せの時もいつも君の側にいる。
そして、
この瞬間からこの先、僕の心の中は、ずっと君だけが居る事を誓う。


良くベトナム女性は一途だと言われます。
でも、実際に行って思う事は、それに負けないぐらいの愛情を男性陣も持っている気がする。
・・・もちろん、そうで無い人もいるけど。
そんな真っ直ぐな誠実さがベトナムという国を素敵にしているんだろうなぁ〜っと思う。
日本人が忘れていっている何かを思い出させてくれる。
素直に羨ましいな。

<広告>
海外に行って何か困った事があった時にあるとイイ物。
インターネットに繋がる物だと思いませんか?
今の時代、何処でも繋がるインターネットは本当にありがたい。
言葉が通じなくても、道に迷っても、何とか出来る様にする為に海外でもWiFiを持って行く事をオススメします!
最近はレンタルしてもお値打ちだしね。
安心を買う意味でも検討の価値あり?


日記カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ
日本語とベトナム語(学習サイト)カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ