手を合わせる 日本とベトナムの習慣の違い。

手を合わせる 日本において、この行為は以外に身近にあると思う。
『ありがとう』とか『いただきます』みたいな行為時にやりますよね?
しかし、文化や習慣が違う時、ちょっとした感覚の違いから衝突は生まれます。
自分にとって受け入れれない物への拒絶。

先に結論を。
ベトナムに行かれた際、ご飯とか物を食べる時に手を合わせる行為はしない様に!

習慣の違いは、何処にでもあります。
日本人同士でも全然あると思います。
でも、予め理解しておけば衝突は少なくて済むもんね!
という訳で、今回のブログでは、手を合わせるという行為に対して、日本とベトナムでの捉え方の違いに触れてみたいと思います。

さて、まずはこれに気づいたきっかけから。
ご飯食べた時の妻のツッコミ。
『いただきます』の時に何故を手を合わせるのか?と。

改めて何故か?と問われると説明に困る日本人の私なのですが(笑)
感謝の気持ち・・・だよね?
無宗教というかいい加減な宗教観を持つ私でも、この世界の何かに感謝する気持ちが湧いてくるので。

しかし、妻のお国=ベトナムでは、捉え方が違うみたい。
死者、あるいは神様にお祈りする仕草。
・・・これは日本でも行われる行動。
でも、感謝(ありがとう)として手を合わせる事は無いそうな。

ちなみに、この捉え方は、妻個人の主観によるものかと思いました。
しかし、
ベトナムに初めて行った日から、妻の家族にも、夕飯を共にした知り合いの人全員にも向けられた視線。
それが全てを物語っていました。

ベトナムで飯を食べる時に手を合わせる行為は、
一緒に食べる者を死者として見立てているみたいで気になる!
と言うか、はっきり言って不快!!

まあ、感謝の気持ちで手を合わせる習慣がなく、死者に向けて手を合わせると言う行為が行なわれている生活スタイルな訳だから、当然の帰結ですね。
ただ、何してるの?この人!(不快)
って言う、視線の意味がはっきりと分かった時は、何とも申し訳なく思ったもので。
一言弁明させて貰えるなら、
先に言って欲しかったけどね〜。

それ以来、妻の前でも手を合わせない様にしていたんだけど。
久しぶりに思わずしちゃって。
・・・習慣って恐ろしいね。身体が勝手に動いてしまう(笑)
そして、久々に妻の凄く怪訝そうな顔を見て、思い出したのでブログを書いてみました!

ちなみに、
日本に居るんだから、日本の考え方を否定するのは間違っている!と言う意見をよく耳にします。
この考え方自体は、間違っていないと思う。
外国に行ったら、外国のやり方でないと変だと指摘されるのだから、同じ考え方だよね。

ただ、国際結婚をして思った事。
どちらの考えがイイとか悪いとかの二元論的発想は無意味だね。
お互いの主張を持って、お互いにとっての一番最適解を目指す。
どうしても譲れない習慣や考え方があるのなら、それは伝えればイイ。
・・・もちろん、相手が受け入れるかどうかは別問題だけど。
ただ、最適解(話し合い)を目指さずに、自己の考えに執着するのはいかがなもんでしょうか?

そう思うと、妻との結婚は、色々考えるきっかけがゴロゴロしていて、非常に面白い!
逆に、そう言う変化を楽しめない人にとっては、苦痛以外の何者でもないんだろうね。
あ〜、単純な私で良かったと思う(笑)

あとは、
今回のブログで、ベトナムについての情報が、読んでいただいたあなたにとって有意義な部分が少しでもあるとイイね。

<広告>
海外に行く時にいつも思う事。
日本で使っているポケットWi-Fiが外国でも使えたらイイなぁ〜って。
もちろん、最近レンタルなどで外国でもネット環境の利便性が大幅にアップしているのは知ってます。
それをもっと推し進めている様に思われるの物を発見した気がする!
それは、楽天モバイルさんが打ち出した『Rakuten UN-LIMIT』と言うサービス。
海外66の国と地域でも無料で月2GBまで使えると!
素敵です!!
※まだ詳しく知らないので、また違う機会でブログに書いてみたいと思います。
他にも色々攻めた内容だし。
携帯を新しくしようとしているなら一見の価値はあるのではないでしょうか?




日記カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ

テト(2020) ベトナムのテト(tết)が始まるね!

テト(2020) ニュースでも放送される中国の混雑した旧正月の話題。
ベトナムも旧正月にあたる1月25日がお祝いデー=テト(tết)
休日が日本に比べて圧倒的に少ないベトナムにおいて、最大の行事ではないかと。
あなたは、テト(tết)を知っているかな?

私が初めて知ったのは、今から2年前。
とっても最近(笑)
妻と付き合い始めて知りました。
※去年の状況は、ブログ:あけましておめでとうございます Chúc mừng năm mới! 今日はテト(tết)も良かったらどうぞ。

礼節を重んじるベトナム。
テトでは、お祝いとして親戚・身内への挨拶回りは必須。
※私も去年行きましたが、一日中あちこち行ってた気がするぐらい。
見ず知らずの私をお祝いだからと接待してくれたのは、嬉しかった。
まあ、日本も昔はそんな感じだったのかもしれないけれども。

そんなテトですが、テトの期間中は、お休みするお店もいっぱい!
参考までに。
ベトナムの主要な店舗(チェーン系)さんの休み状況はというと?

・イオンモール:毎日営業(9時〜22時)

・サークルK:24時間毎日営業

・ビンマート(VinMart):1月24日(12時まで営業)・1月25日〜27日(休業)・1月28日(通常営業)

・ビッグシー(BigC):1月24日(6時から14時まで営業)・1月25日(休業)・1月26日(10時から通常営業)
※現地で直接見た情報ではないので、違う場合がありますので、予めご了承ください。

これを見ると、やっぱり日本と同じで、チェーン系の大手は休みが少ないね〜。
経済発展が著しいベトナムの社会の変化と共に、テトを大切にする行事が日本の様に減って行かない事を願ってます。

何にしても、お休みと渋滞とイベント価格。
テトの期間中にベトナムへ旅行する人は、くれぐれもお気をつけください!!

でも、一年でも非常に活気あふれる時期でもあるので、いつもと違うベトナムを見たい人は、是非チャレンジを!
今年のテト(2020)は、1月23日〜1月29日(メインは25日)の間が祝日です。

それにしても、月日の経つのは速いもので・・・。
去年ベトナムで過ごしたテトから、もう1年経ったんだなぁ〜。
※去年の状況は、ブログ:出国 妻クエンに逢いにベトナムへ! も良かったらどうぞ。

今年は色々な事情からテトに合わせて帰省出来ないけど。
妻もちょっとさみしげだし・・・ごめんよ。
唯一ラッキーなのは、妻と一緒に日本で暮らしている事。
私個人的には、一番嬉しい話なんだけどね。

今年のテトは、楽しむ事が出来ないので。
テト(tết)の風景
※去年写した写真だけど、テトの雰囲気だけでも味わいましょう(笑)
テト(tết)の風景2

さあ、来年のテトはどう過ごしているだろうか?
始まったばかりの今年も、もう1か月が過ぎようとしてます。
今の延長上に未来があるんだし、今日一日、妻と一緒に頑張ろうっと!

<広告>
国内旅行や海外旅行の航空券はどこで買ってますか?
色んな会社がしのぎを削っているので、悩ましいね(贅沢な悩みを持つ私)
しかし、私は、ポイントが貯まったりお得なクーポンがあったりする楽天トラベルさんを使ってます(質素な私の現実)
でも、浮いたお金をせっかくの旅行で思い存分使いたい!
旅行をお考えのあなたは、参考までに見てみるのもイイですよ〜。
楽天トラベル

日記カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ

30日ルール ベトナムのビザ状況が変わるね~。

30日ルール 今回のブログでは、ベトナムの法律(ビザ関連)が変わるというニュースから。
そもそも30日ルールをご存知でしょうか?
観光でベトナムにたまに行くよ~っていう人だとあまり関係ない話ですが・・・。
お仕事とかベトナムに行く頻度が高い人には朗報です!
<広告>




さて、30日ルールについて、ざっくり説明。
現在、日本人がビザなしでベトナムに行く場合、滞在日数が最大15日以内という制限があります。
※もちろん、ビザを取得していれば別です。

そして、ベトナムに一度行ってから再入国する場合、前回の入国日から30日間はビザなしで入国出来ないんです!
15日以内の短期的入国でも適応されます。
(←これが30日ルールと呼ばれるルールです。)
ベトナム行きの搭乗手続きで毎度30日ルールに抵触していないか?と聞かれるのは、この為なんですね~。

最初にも書きましたが、観光で1週間くらい行くだけならビザも不要だし30日ルールに引っかかる事もありません。
ただし、観光で行く場合でも注意点はあります。
それは、旅行に行く前などに、飛行機の乗り継ぎとしてベトナム空港を使った場合です。
飛行機の乗り継ぎの間の暇つぶしとして入国審査を受けてベトナムに入った場合、当然ながら30日ルールのカウントに入ります。
それを忘れて、いざ旅行としてベトナムに入ろうとしてもビザがいる〜って話になるんですね〜。
・・・お気をつけください!

ちなみに、私のようにベトナムの人と国際結婚するとなると、不都合な事態はもう少し確率が増えます。
まあビザを取れば何も問題は無いんですが。
岐阜県という地方に住む私にとっては、気軽に取りに行けないので。

しかし、そんな30日ルールが撤廃になります!
国会で法律改正が決まったみたい。
施行は来年。
迅速な動き。
イイね〜。
日本とは大違い?

とにかく、30日ルール撤廃により、さらに身近になったベトナムと日本。
お互いの関係によってお互いの国がより良くなっていくとイイね。

最後に。
今回のニュースは、ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]さんのサイトを見てブログを書かせていただきました。
より詳しい情報もいっぱい書いてあるので、良かったらどうぞ~。
ビザ更新時の一時出国が不要に、30日ルールも廃止―国会可決

<広告>
ベトナムとか海外旅行もイイですが、日本国内の旅行もイイね。
最近お出かけをあまりしていないから、ふらっと病が再発しそう(笑)
上記の30日ルールが撤廃されたからと言って、気軽に何度もベトナムには行けないけれども(泣)
ベトナム行きの航空券購入でお世話になっている楽天トラベルでは、国内旅行でお得になるクーポンとかもあって、こっちなら気軽に行けるだろうか?
隣にいる金庫番(=妻)が何か言いたそうですが・・・(笑)
旅行を目一杯楽しむ為にも不必要なロスはカットして。
楽しい旅行計画が立てれるとイイね!
楽天トラベル

日記カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ