メキシコGP F1 第19戦 メキシコGP:決勝!

メキシコGP レース決勝の結果をお伝えします!
<広告>




前回のアメリカGPで決まらなかった今年のワールドチャンピオン。
ただ、結果はさらに広がり、もう完全に後がなくなったフェラーリ:ベッテル。
今回のメキシコGPでメルセデス:ハミルトンのチャンピオンが決まるのはほぼ間違いないでしょうが、意地を見せれるのか!
※前戦:アメリカGPの結果は、ブログ:アメリカGP F1 第18戦 アメリカGP:決勝!をどうぞ。

さあ、メキシコGPの決勝!
天気予報が嬉しい事に外れて完全ドライコンディション。
標高が高いこのサーキットでは、いつもと違う展開が見れて面白いね。
レッドブルがこれまで圧倒的に好調さをアピール。
とくに、昨日の予選では、残念ながら最年少ポールポジション獲得記録を逃したフェルスタッペンの走りに注目したい!
昨日の予選結果は、ブログ:メキシコGP F1 第19戦 メキシコGP:フリー走行3回目・予選をどうぞ。

金曜日のドライ走行ではタイヤ問題が続出してたし、誰が一番タイヤを上手く使いこなす事が出来るでしょうか?
チャンピオンシップのラストとなるのか?
注目のメキシコGP:レース結果からどうぞ!

<決勝>

順位ドライバー/チーム
1位フェルスタッペン/レッドブル
2位ベッテル/フェラーリ
3位ライコネン/フェラーリ
4位ハミルトン/メルセデス
5位ボッタス/メルセデス
6位ヒュルケンベルグ/ルノー
7位ルクレール/ザウバー
8位バンドーン/マクラーレン
9位エリクソン/ザウバー
10位ガスリー/トロロッソ
11位オコン/フォース・インディア
12位ストロール/ウィリアムズ
13位シロトキン/ウィリアムズ
14位ハートレー/トロロッソ
15位マグヌッセン/ハース
16位グロージャン/ハース
17位リカルド/レッドブル
18位ペレス/フォース・インディア
19位サインツJr./ルノー
20位アロンソ/マクラーレン

まずは、
フェラーリファンですが、ハミルトンがチャンピオン獲得!
おめでとうございます!!
正直言って面白い話ではない(笑)ですが、これまでの走りは、マシン以外の部分でもやっぱり最高だったな~って思います。
心から称賛です。

フェラーリの方は、
ベッテルが最後の最後まで諦めない走りを披露。
スタートで悪くはなかったけど、レッドブルに阻まれて苦しい展開になった後、最速タイム(中盤時点での最速ですが)を出して猛追。
メルセデス・レッドブルよりもタイヤ交換を遅らせて、少ないチャンスに勝負をかけて。
レッドブル:リカルド、メルセデス:ハミルトンをコース上で抜いて、フェルスタッペンを追いかけたかったんだけどね~。
・・・最近のレースでは、抜く時によく当たってスピンしてるから、何かハラハラ・ドキドキするな(笑)
でも、しっかりと意地を見せてくれた。
攻めた戦略&走り。
こんな戦い方が一年を通して出来れば、チャンピオンも取れるんだろうけどね~。
ラスト2戦と来年に期待してます!
・・・コンストラクターズのタイトルはまだ取れるチャンスがあるからね。

ライコネンもタイヤがズルズルの状態でライバルを抑え込み、さらに1ストップで走り切って3位表彰台。
こんな走りを見てしまうと、もっとライコネンの走りを見ていたいよね~。
・・・来年はザウバーで走るけどね。
凄いもんだ。

レッドブルの2人は、今回も大きく明暗を分けてしまったね。
フェルスタッペンは、見事な独走を披露。
去年も勝ってるんだっけ?
メキシコマイスター(こんな名称はないでしょうが・・・)になれそうだね。
めちゃめちゃ若いのに速いし、ハミルトン・ベッテルの世代交代後は、やっぱりこの人かな?って思います。
逆にリカルドは、今回もハズレをひいてしまった感じ。
またもやメカニカルトラブル(?)で途中でリタイヤ。
今年は、ベッテル以上に悪い流れに付きまとわれてる感じだね。
・・・半分弱のレースでリタイヤだもんね。
来年は、違うチームに分かれる2人。
今日のように明暗が分かれる事になるのでしょうか?

中団グループでは、ルノー:ヒュルケンベルグが6位。
この方は、現代F1(中団グループ)でも珍しい、実力でシートを確保出来る一人だけはあるね。
何だかんだしっかりと成績を残すあたり。
いいマシンに乗れたらどうなるんだろう?とか想像してしまうけど。
とにかく今後もこうした実力のあるドライバーが残ってくれる事を願ってます。

さらに、7位ザウバー:ルクレール。
初走行でもアグレッシブルな走行で入賞!
この攻める若手が来年ライコネンの代わりにフェラーリに乗るっていうのは非常に頼もしい。
ベッテルにもチームにもいい刺激になるとイイよね。

8位のマクラーレン:バンドーン。
ある意味マシンのせいで実力を出し切れず、来年はF1から離れる事になったけど。
本当は、実力あるんだぞ!というのを自ら証明したような今回の走り。
とても素晴らしかったね。

そして最後に。
トロロッソ・ホンダ。
かなりチャレンジな戦略を見事に成功させて、貴重なポイントゲット!
来年に向けて上昇気流に乗れるとイイな~。
次回のブラジルGPでも活躍を期待してます!

さあ、今回のメキシコGPでドライバーズチャンピオンは確定しました。
でも、コンストラクターズの争いは、まだまだ続きます。
次回は、ブラジルGP。
今日見せてくれたみたいに、フェラーリの意地を。
そして、メルセデスの連覇をいい加減止めて欲しい!
頑張れ!フェラーリ!!

では、ドライバーズランキング&コンストラクターズランキングです。
<ドライバーランキング>

順位ドライバー/チームポイント
1位ハミルトン/メルセデス 358ポイント
2位ベッテル/フェラーリ294ポイント
3位ライコネン/フェラーリ236ポイント
4位ボッタス/メルセデス227ポイント
5位フェルスタッペン/レッドブル216ポイント
6位リカルド/レッドブル146ポイント
7位ヒュルケンベルグ/ルノー69ポイント
8位ペレス/フォース・インディア57ポイント
9位マグヌッセン/ハース53ポイント
10位アロンソ/マクラーレン50ポイント
11位オコン/フォース・インディア49ポイント
12位サインツJr./ルノー45ポイント
13位グロージャン/ハース31ポイント
14位ガスリー/トロロッソ29ポイント
15位ルクレール/ザウバー27ポイント
16位バンドーン/マクラーレン12ポイント
17位エリクソン/ザウバー9ポイント
18位ストロール/ウィリアムズ6ポイント
19位ハートレー/トロロッソ4ポイント
20位シロトキン/ウィリアムズ1ポイント

<コンストラクターズランキング>

順位チームポイント
1位メルセデス585ポイント
2位フェラーリ530ポイント
3位レッドブル362ポイント
4位ルノー114ポイント
5位ハース84ポイント
6位マクラーレン62ポイント
7位フォース・インディア47ポイント
8位ザウバー36ポイント
9位トロロッソ33ポイント
10位ウィリアムズ7ポイント

フェラーリとメルセデスの差は、55ポイント。
かなり遠いけど・・・。
残り2戦を1・2位で決めれば逆転可能だね(笑)
・・・凄い希望的結果だな。
それと、ドライバーズランキング3位の座をライコネンには何としても死守して欲しいな~。
フェルスタッペンがボッタスを抜くという展開も素敵だけど。

中団グループでは、トロロッソ・ホンダがじわじわと後退してるので、ここは踏ん張りどころ。
それにしても、中団グループの順位は本当に微妙なバランスだね。
さすがに大きく順位が変わる事はないかもしれないけど、ラストの結果を楽しみにしたいと思います。

次は、ブラジルGP。
また深夜放送か~(笑)
でも、何だかんだで今年も残り2戦だし、しっかり楽しむぞ~!
それでは、ブラジルGP:フリー走行1回目でまたお会いしましょう!

締めは、2018 メキシコGP:決勝のハイライトをお楽しみください。

<広告>
レンタルサーバー 【ヘテムル】 なら、
独自ドメイン【無制限】、データベース【70個~】を追加費用無料で設定できます。
しかも、サーバー容量は余裕の 200GB~!
1 つの契約でたくさんのサイトを運営したい方にぴったりのサービスです。



F1速報シリーズ・リスト一覧はこちらから
F1カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ

第39節 FC岐阜 vs ジェフユナイテッド千葉 試合結果!(2018)

第39節 FC岐阜 vs ジェフユナイテッド千葉 の試合結果をお伝えします!
<広告>




今年の戦いも残りわずか。
連敗街道を抜けてチームの良さが段々出て来てるFC岐阜
前節:第38節でJ2リーグTOPの松本山雅FC相手に価値ある引き分け。
詳しくは、ブログ:第38節 FC岐阜 vs 松本山雅FC 試合結果!(2018)をどうぞ。

それでも崖っぷちの20位は変わってないんだけどね。
だからこそ勝利が必要!
今日のお相手は、ジェフユナイテッド千葉。
前回は、3-2とFC岐阜が勝利している!
・・・今シーズン初勝利だったね~。
前回の結果は、ブログ:第10節 FC岐阜 vs ジェフユナイテッド千葉 試合結果!(2018)もどうぞ。
お互い攻めのチーム。
前回も点数いっぱい入れ合ったしね。
今回の試合も荒れるかな?
FC岐阜の戦いはいかに?
それでは、FC岐阜のスターティングメンバーから。

<FC岐阜:スターティングメンバー>

ポジション背番号選手名
GK25ビクトル
DF青木 翼
DF竹田 忠嗣
DF34北谷 史孝
DF阿部 正紀
MF三島 頌平
MF14風間 宏矢
MF31宮本 航汰
FW田中 パウロ淳一
FW10ライアン デ フリーズ
FW山岸 祐也

まずは試合結果から。
2-0で見事勝利をゲット!
よしっ!!

前半、相手に攻め込まれる場面が多くてハラハラ。
でも、最近のDF陣は、安定感が少し戻ってきたような・・・。
前ほどズルズル行かないのは、本当にいい感じ。
攻めの方でも田中パウロ淳一選手から風間宏矢選手へのコンビネーションは決まってもおかしくない状況だったし。
ちらほら攻めの良さも見えてます。
・・・前回が乱打戦みたいだったから、色んな意味でドキドキ(笑)

そんな先制点が欲しいFC岐阜。
そんな時にライアン選手が先制点をゲット!
宮本選手のシュートに見せかけたフェイントのおかげで、フリーでシュート打てたのもあるけど。
でも、そのチャンスを確実にきっちり決めたのはお見事です!
35分という時間帯も良かったね~。

後半もDF陣が崩れないか心配だったけど。
・・・連敗中は失点の多さも問題だったからね。
でも、しっかり無失点でゲームを締めくくりました!
これもいい流れだよね~。
さらに、73分にはライアン選手が2点目をゲット!
守り手が頑張り、攻め手もそれに応える。
この関係が出せれば、やっぱり結果も付いてくるね!

ここ最近は、上昇気流に乗り始めてます。
・・・とはいえ、今回の勝利でも順位は20位の崖っぷち状態。
気を抜く余裕はない!
さらに、来年に向けてもチームとしてより良く作り上げていかないといけないし。
まだまだ目が離せない戦いは続きます。

次回は、モンテディオ山形がお相手。
地元:長良川球技場での一戦。
前回負けてるし、天皇杯でも負けてたっけ?
とにかく相性は良くないお相手だろうけど、泥臭くても勝利を目指して。
頑張れ!FC岐阜!!

最後に今回のFC岐阜vsジェフユナイテッド千葉とのハイライトをどうぞ!!

<広告>
まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量200GB~レンタルサーバー『HETEML



FC岐阜カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ

メキシコGP F1 第19戦 メキシコGP:フリー走行3回目・予選

メキシコGP フリー走行3回目・予選の結果をお伝えします!
<広告>




昨日のフリー走行1・2回目は、めっちゃ暑い日でした。
タイヤに問題を抱えるドライバーがめっちゃ居たね~。
ちょっと珍しい光景でした。
昨日のメキシコGP:フリー走行1・2回目の結果は、ブログ:メキシコGP F1 第19戦 メキシコGP:フリー走行1・2回目をどうぞ!

今日は、セッション始まる前に雨が降って、路面がリセットされてしまったのは痛いね~。
それでも、何とか止んで、徐々に乾いていく状況は、見てる方は面白くてイイね。
さあ、昨日からどれぐらいセッティングをまとめてくるでしょうか?
フェラーリは上昇してくるかな?
レッドブルがやっぱり速いのか?
注目のメキシコGP:フリー走行3回目の結果からどうぞ。

<フリー走行3回目>

順位ドライバー/チーム タイム
1位フェルスタッペン/レッドブル1’16.284
2位ハミルトン/メルセデス1’16.538
3位ベッテル/フェラーリ1’16.566
4位リカルド/レッドブル1’17.028
5位ライコネン/フェラーリ1’17.045
6位ルクレール/ザウバー1’17.059
7位サインツJr./ルノー1’17.336
8位ガスリー/トロロッソ1’17.525
9位エリクソン/ザウバー1’17.565
10位ヒュルケンベルグ/ルノー1’17.623
11位オコン/フォース・インディア1’17.731
12位ペレス/フォース・インディア1’17.819
13位グロージャン/ハース1’18.145
14位バンドーン/マクラーレン1’18.445
15位アロンソ/マクラーレン1’18.548
16位ハートレー/トロロッソ1’18.637
17位シロトキン/ウィリアムズ1’18.669
18位ストロール/ウィリアムズ1’18.698
19位ボッタス/メルセデス1’18.839
20位マグヌッセン/ハースNo Time

フリー走行3回目。
ちょっと湿った路面によりインターミディエイトタイヤでスタート。
ただでさえグリップレベルが低くて大変なのにね~。
タイヤのもちという点は好転するだろうけど、セッティング出すのは大変そう。

残り約20分。
ついにドライタイヤの出番です!
徐々に乾く路面を喜ぶ男と言えば?
そう、アロンソです(笑)
でも、いつも思うけど、路面を捉える能力は凄いよね。
こういう状況で速い人は、本当に実力がある人だと思う。

状況がドライになって、タイムがどんどん更新。
フェラーリ:ベッテルも濡れているのに昨日のタイムよりイイ!
車高をめっちゃ下げて来てるね~。
昨日の問題点の解決策は見つけれたかな?

メルセデスのボッタスがラストの辺りでいきなりマシンストップ。
ハイドロ系らしい。
今年のボッタスもリカルド同様あまりツキが巡って来ないね~。

そして、このセッションでもTOPタイムなのが、レッドブル:フェルスタッペン。
本当に好調だな~。
このまま行っちゃうかな~。

天気予報では、予選中に雨予想。
さてさてどうなるでしょうか?
まだまだ分からないメキシコGPをお楽しみくださ~い。

メキシコGP:フリー走行3回目のハイライト動画をどうぞ!

<予選>

順位ドライバー/チーム タイム
1位リカルド/レッドブル1’14.759
2位フェルスタッペン/レッドブル1’14.785
3位ミルトン/メルセデス1’14.894
4位ベッテル/フェラーリ1’14.970
5位ボッタス/メルセデス1’15.160
6位ライコネン/フェラーリ1’15.330
7位ヒュルケンベルグ/ルノー1’15.827
8位サインツJr./ルノー1’16.084
9位ルクレール/ザウバー1’16.189
10位エリクソン/ザウバー1’16.513
11位オコン/フォース・インディア1’16.844
12位アロンソ/マクラーレン1’16.871
13位ペレス/フォース・インディア1’17.167
14位ハートレー/トロロッソ1’17.184
15位ガスリー/トロロッソNo Time
16位グロージャン/ハース1’16.911
17位バンドーン/マクラーレン1’16.966
18位マグヌッセン/ハース1’17.599
19位ストロール/ウィリアムズ1’17.689
20位シロトキン/ウィリアムズ1’17.886

雨が予想された予選。
いつ降ってもおかしくない曇り空。
Q1は、なんとかドライタイヤでスタート。
段々状況が良くなってくるので、ラストの瞬間にタイムアップ&順位変動が激しくてハラハラ。
・・・上位陣は関係ないけどね。
中団グループは本当に熾烈です!

メルセデスが息を吹き返してTOPタイム。
それもボッタスだ~。
フリー走行ではかなりキツイ感じだったけど、タイヤ問題は解決できたでしょうか?
フェラーリは、雨を気にしたか。
早めの走行で後半順位がズルズル落ちて行ったけど。
想定内?それならいいんだけど・・・。
1コーナーでベッテルはミスしてたしな~。
ちと心配。
トロロッソ・ホンダは2台とも通過出来て良かったよ~。
・・・でも、ガスリーは最後尾スタートが決まってるから、これ以上走らないだろうね。

Q2
決勝スタート時のタイヤ選択でどのタイヤにするのか注目。
フェラーリ・メルセデス・レッドブルは少し固めのタイヤ(ウルトラソフト)でスタート。
Q3に残れるならこのタイヤで行きたいよね~。
ハイパーソフト(一番柔らかいタイヤ)は長持ちしないから、選びたくないよね~。
でも、中団グループはハイパーソフト。
この戦略的分かれ目がキモだね。
どうなるだろうと思ってたけど、TOP勢は順調にクリアー。
それにしても、雨はどうなった?(笑)

Q3
予想がしっかり外れてドライコンディション。
さあ、誰が最速でしょうか?
今週絶好調の男たちはレッドブルの二人。
ちなみに、現在の最年少ポール獲得記録は、ベッテルが持ってますが。
それを今回フェルスタッペンが塗り替える事が出来るのか?
この記録をかけた戦いも見もの。
その記録を止めたのは、同僚リカルド!
・・・本人取れずに悔しかったんだろうね。走行後に2番の看板をぶつけて倒す所がフェルスタッペンらしい(笑)
こんな子供っぽい所は大好きだな~。
ドライバーの感情が見えるのは嬉しい。

それにしても、メルセデス:ハミルトンが3番手。
フェラーリ:ベッテルは4番手。
辛い状況だね~。
明日の決勝はどうなるでしょうか?
今年もあとわずか。
少しでもいい走りが出来るとイイね。
頑張れ!フェラーリ!!

メキシコGP:予選のハイライト動画をどうぞ!

<広告>
★☆★☆★☆ 格安ドメイン取得サービス!ムームードメイン ☆★☆★☆★
なんと一番安いドメインだと年間920円(税抜)から!おこづかいで買えちゃう。
人気の《.com》や《.net》は年間1,280円(税抜)、《.jp》 は年間2,840円(税抜)です。
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPCM9+4OHV5E+348+1BQBKJ


F1速報シリーズ・リスト一覧はこちらから
F1カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ