第13節(2019) FC岐阜vsツエーゲン金沢 結果

第13節(2019) 今回は、サッカーJ2リーグ:第13節(2019)。
『FC岐阜 vs ツエーゲン金沢』の試合結果をお伝えします!
<広告>




久々の勝利!
降格争いを脱出した訳でもないし、1勝で喜んでいる場合ではないんだけど。
でも、やっぱり嬉しい!

それも、前田選手のプレイによって大きく試合展開が変わった試合。
具体的に言えば、ゴールに向かう前向きな攻撃を組み立てれた事。
このスタイルが定着すれば、全然上位への道も開けると思うんだけどなぁ~。
・・・簡単に定着しないのがFC岐阜らしくもありますが(泣)
※久々の勝利の試合、前節:FC琉球戦の内容は、
ブログ:第12節(2019) FC岐阜 vs FC琉球 結果を良かったらどうぞ。

さあ、今日の第13節(2019)は、ツエーゲン金沢との戦い。
去年の成績で言うと、0勝2敗と完璧に負けているお相手。
※過去の試合結果も良かったらどうぞ。
ブログ:第11節 FC岐阜 vs ツエーゲン金沢 試合結果!(2018)
ブログ:第35節 FC岐阜 vs ツエーゲン金沢 試合結果!(2018)

何にしても、今のFC岐阜にとっては、全てのチームが強敵な訳で。
もうがむしゃらに勝ち点を取りに行くしかない訳だし。
最近少しずつ流れが出て来てるし。
今日の第13節(2019)も前向きな試合をして欲しいな!

それでは、第13節(2019)のFC岐阜:スターティングメンバーからどうぞ。

<FC岐阜:スターティングメンバー>

ポジション背番号選手名
GK43ヤン オレ ジーバース
DF15会津 雄生
DF甲斐 健太郎
DF22柳澤 亘
DF阿部 正紀
MF30中島 賢星
MF14風間 宏矢
MF三島 頌平
FW18石川 大地
FW10ライアン デ フリース
FW24栗飯原 尚平

まずは、第13節(2019)の試合結果です。
2-3で敗戦!
前節:FC琉球戦からやっと少し前を向く(得点する)事が出来る様になったのは良かったけど・・・。
試合に勝てるともっと良かったなぁ~。

さて、試合内容です。
前半の序盤。
前節の勝ちがやっぱり影響を与えてるよね?
負けている時の様な意味もない(相手を崩す事もない)横とかバックパスをする事が減っていた!
むしろ、相手DFの裏を取ろうとするパスを積極的にしたり、ボールを持っていない選手も前に走り出すような動きが見られた。
攻めの流れが止まってないのは良かったね。
結果として、得点で来ている訳ではないから100点満点な出来ではないですが、改善点は見れたのは収穫。
・・・もちろん満足はしてませんよ!

しかし、その後の展開でさらなる改善点が見えたFC岐阜。
12分。
オウンゴールで失点。

この失点は、ある意味守ろうとしての結果なので、この失点自体が問題ではありません。
では何が問題?

この失点後、より顕著に見れた。
ツエーゲン金沢の攻撃の速さ!
FC岐阜のDF陣が整う前にシュートまで行かれている。
前半に追加点を入れられなかった点では、DF陣の集中力と運に感謝したい。

最初にFC岐阜の前向きな姿勢には、良い評価しました。
だからこそ、今度の課題は、それをもっと有効的な戦術に変えないとね!
はっきり言えば、FC岐阜の攻めは遅すぎる&隙をつくような攻撃が展開出来てない。

もちろん、チームの戦術上の違いがあります。
ツエーゲン金沢の攻め方を丸っとコピーしても上手くは行かないでしょう。
でも、FC岐阜の戦術の中に取り入れるべき部分は必ずあるでしょう。
トライ&エラー。
どんどん改善する事が必要だと思う。
・・・どうせ落ちる所まで落ちてる訳で、失う物が無いし。

ハーフタイムデータ。
<FC岐阜>
・シュート数:2本(枠内=0本)
・コーナーキック数:2
・ボール支配率:65%

<ツエーゲン金沢>
・シュート数:8本(枠内=1本)
・コーナーキック数:3
・ボール支配率:35%

ボール支配率は、凄く多い。
でも、試合を見てて感じたのは、圧倒的にツエーゲン金沢が攻め込んでるシーンしか思い出せない。
支配率が少なくてもこれだけ意識に残るという事は、それだけのボール運び(攻めの展開)をしてるんだと思う。
逆にFC岐阜のボール運びは、強弱がやっぱり足りないね。
前からこの部分があるので、まだまだ改善が進んでない。
課題は克服しないとね。


後半。
前半からの勢いを全く止める事が出来ないFC岐阜。
怒涛とも言える展開だったのでヤバいかな~って思ってた矢先・・・。

53分。
ツエーゲン金沢:大石選手が見事なシュート&得点。

そんな中、やっぱりFC岐阜には前田選手が必要だね!
失点直後に交代で投入された前田選手がやってくれた!!
コーナーキックでのセットプレーを見事ヘディングシュート&ゴール。

もぉ~最高!
前半途中からツエーゲン金沢の一方的なペースになっていた状況での得点。
凄すぎる。
2試合連続での得点。
得点自体が少ないFC岐阜にとっては、本当に救世主だね!
少ないチャンスでしっかりと結果を出してくれる。
ありがたい。

と、喜んでたら、もう一度見せてくれた。
同点弾!
それも、この得点は前田選手の一人の活躍ではないのがさらに嬉しい。
コーナキックをシュート(?)したボールがゴール枠の外へ。
それをラインぎりぎりで折り返し、前田選手がヘディングシュート!
きっちり決めたのもさすがだけど、ラインぎりぎりで折り返そうとボールに食らいつく姿。
めっちゃカッコいい!
FC岐阜の選手に願っているのは、こうした前向きな姿。
それが見れたのは良かったな~。

ただ、このまま終われないのがFC岐阜らしい切なさか。
スローイングでDFの裏を通されてしまうとは・・・。
そして、そのままフリーでセンターリングされ。
相手選手と交錯しながら防ごうとしたけど、残念。
最後の最後で失点。
あぁ~負けた・・・。

これ以上の負けは避けたいFC岐阜。
しかし、結果は結果として仕方ない。
でも、前節と今日の試合で上昇の仕方のきっかけは掴んでくれたかな?
いや、掴んでくれないと困る(笑)
次節に期待してます!


第13節(2019)終了時のFC岐阜の順位です!
22位。
敗戦だったので順位が・・・下がります(泣)
今のFC岐阜にとっては、とにかく負けだけは回避しないと・・・。
もちろん、勝ちに行って攻めたけど負けたならまだ大丈夫だけど。
ボールをまわしてるだけで攻めれずに負けるパターンに戻らない事を願ってます。
・・・負け始めると出てくるFC岐阜の悪い部分だからね。

さあ、次回:第13節は、ジェフユナイテッド千葉との一戦。
どのお相手でもランキング上位ではあるけれども。
最近の前向きな試合展開と共に勝ち点獲得を狙って欲しい。
頑張れ!FC岐阜!!

それでは、最後にJ2リーグ:第13節(2019) FC岐阜vsツエーゲン金沢との一戦(ハイライト)をどうぞ!

今年(2019年)のFC岐阜の試合結果一覧は、ブログ:J2・2019 FC岐阜の試合日程・試合結果を発表!からどうぞ。

<広告>
実際の試合観戦は、テレビとかで見るのとはまた違った魅力がありますよね!
現在のFC岐阜の戦いでは、なかなかわくわくするようなシーンが少ないのが辛いですが・・・。
でも、今日みたいな試合だったら凄く楽しめると思う。
段々暑くなっていくシーズン。
そんな暑さ同様、熱き試合が見れるとイイね!
チケットぴあ

FC岐阜カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ

第12節(2019) FC岐阜vsFC琉球 結果

第12節(2019) 今回は、サッカーJ2リーグ:第12節(2019)についてです。
『FC岐阜 vs FC琉球』の試合結果をお伝えします!
<広告>




前節:栃木SCとの一戦は、引き分け。
久々に得点シーンもFC岐阜です。
・・・これを誇らしげに言うのもどうかと思うけど。

下位同士の戦いだったので、勝って順位をあげたかったのが本音ですが。
とりあえず勝ち点1は取った訳だし、現状を考えれば、少しずつ上がって行くしかないのかもね。
前節:栃木SC戦の内容は、ブログ:第11節(2019) FC岐阜 vs 栃木SC 結果を良かったらどうぞ。

さあ、今日の第12節(2019)は、FC琉球。
今年J2に上がってきたチーム。
だから、昨年の戦歴はないです。
どんな試合展開になるのかな?

1つ言える事は、現在は8位と徐々に順位が落ちているとはいえ、開幕から4連勝とか得点力がある強いチームなのは確か。
だからこそ、DF陣の頑張りに期待したい。
・・・最近は大量失点してないから、いい感じになって来てるからね。
そして、それ以上に攻撃陣の踏ん張り!
攻撃は最大の防御ではないけれど、守ってばかりでは必ず相手にチャンスが生まれるのはサッカーの鉄則みたいなもんだもんね。

とにかく勝利への気持ちを。
前へ前へ向く想いを。
貪欲に勝ちに行く姿を見たいなぁ~。

さあ、第12節(2019)。
FC岐阜のスターティングメンバーからどうぞ。

<FC岐阜:スターティングメンバー>

ポジション背番号選手名
GK43ヤン オレ ジーバース
DF15会津 雄生
DF甲斐 健太郎
DF22柳澤 亘
DF阿部 正紀
MF30中島 賢星
MF14風間 宏矢
MF三島 頌平
FW18石川 大地
FW村田 透馬
FW24栗飯原 尚平

まずは、第12節(2019)の試合結果です。
2-1で勝利した!
久々の勝利だ~!!
勝ち点3をゲット。
前半先制点を入れられたのに追いついて逆転。
やっぱり最近良い方に流れが変わり始めてるかな?

次は、試合内容です。
前半。
12分。
決定力の強さを見せつけるようなFC琉球の得点。
ペナルティーエリア外の位置から、走り込んでとかの勢いのあるパターンではなく、ワンステップでシュートをゴール上隅に叩き込むシュートが打てる。
もう、相手の上里選手を褒めるしかないかな・・・。
最近負けが多いFC岐阜だけど、前半に失点するシーンはかなり無かった気がするし。

でも、この失点シーンを見てて一番感じたのは。
DF陣の失点についての云々ではありません。
得点のされ方もめっちゃ悪くはなかったから。

では何かと言うと。
この得点の直前・直後にチャンスを作られた訳だけど、一気に攻める時のテンポの速さの切り替え。
その速さを出す為のスタイルが完全出来上がってる。
選手がどう動くのか完全に把握しているというか。
この攻めのテンポは、以前からFC岐阜の課題でもあります。
パスを出すだけで、攻めの強弱がない。
動き出しが遅すぎる。
だから、相手を崩す事が出来ない。
まさに、こうやって攻めるんだよ!って言われた気がする前半の展開でした。
こんな攻めのテンポ・形を作れないのかな?
そもそもFC岐阜らしいテンポや形ってどんな物?
それが毎回見られない所がやっぱり課題の一つだね。

解説の人にも言われてた。
攻める選手同士がどこに出したらいい?って探り合ってる状況だと。
裏に出すの?違うの?って感じで走り出しもパスのタイミングもバラバラ。
練習の内容から問題があるのかな?

ハーフタイムデータ。
<FC岐阜>
・シュート数:3本(枠内=2本)
・コーナーキック数:1
・ボール支配率:49%

<FC琉球>
・シュート数:9本(枠内=4本)
・コーナーキック数:5
・ボール支配率:51%

シュート数の多さ!
FC岐阜の3倍かぁ~。
それも、選手のポジショニング的にはかなり前のめり状況なのに・・・。
シュートまで全然行けてない!
悪い言い方をするならば、敵陣でパスまわしてるだけって事になる。
ある意味で課題がはっきりしてる訳だし、今後の改善に期待です。
・・・まあ、これを直したら変わるって程、単純な話ではないけどね。

後半。
攻め手が見つからないFC岐阜。
でも、一人の選手交代で雰囲気が変わった!
前田遼一選手!!
前半で感じたチームの攻めに対する方向性の無さが、前田選手の投入でゴール前へ運ぶという単純だけどしっかりとした方向性へと一気に変化。
イイねイイね!

さらに、その前田選手が76分にゴールを決めて!
雰囲気を変えて結果も出す。
もう最高!
カッコ良過ぎだ~!!
相手にマークされていながらも見事なヘッドシュート。
FC岐阜に移籍後初ゴール&非常に価値ある同点弾!
ありがとう。

試合の流れが大きく変わった展開。
カウンターで3対1のビッグチャンスも。
残念ながら得点できず。
・・・この決定力の無さは、正直辛いし改善は急務だと思う。

でも、流れとは時として本当に恐ろしい加速度を付けてくれる。
やっぱり、前田選手の投入がキーポイント。
ポストプレイで相手DF陣を引き寄せる事によって、他の選手のシュートチャンスを演出。
そして、永島悠史選手がキーパーのギリギリ届かない所&高さでシュートを決めた!
逆転弾!

FC岐阜が強い時は、こうした後ろから盛り上がる様に攻撃パターンが生まれるんだよね。
だからこそ、こういう勝ちパターンを忘れずに頑張って欲しいんだけどなぁ~。

さらに、流れはFC岐阜の味方に。
後半90分くらい。
FC琉球の攻撃が決まった!と思えるシーン。
ジーバース選手が腕一本で何とか防ぎ、こぼれ球を粟飯原選手が体を張って止め、ジーバース選手が相手に蹴られようともボールを死守。
決まってもおかしくないシーンを防げれた。

これも、いつも以上に選手の動きを変える流れ。
逆に、流れを作れたら結果が出せる選手たち。
この経験が、これから先の試合に活かされるといいな。

何にしても、久々の勝利!
9試合ぶりですか。
長かった~。
めっちゃ嬉しい!!
FC岐阜、おめでとう。


第12節(2019)終了時のFC岐阜の順位です!
19位。
一つの勝利でまだまだ順位は変わる!
勝ち点の重み。
この流れを持って次につなげて欲しい。
そして、残留争いから少しでも離れれるといいな~。
・・・ずっと残留争いしていると精神的にも辛いしね(笑)

さあ、次回:第13節は、ツエーゲン金沢との戦い。
ホーム2連戦。
去年は2連敗と相性的には厳しいお相手。
課題を潰すには時間が短いけど、今日の勝利から良い所を見つけて、FC岐阜を作り上げて欲しいね。
頑張れ!FC岐阜!!

それでは、最後にJ2リーグ:第12節(2019) FC岐阜vsFC琉球との一戦(ハイライト)をどうぞ!

今年(2019年)のFC岐阜の試合結果一覧は、ブログ:J2・2019 FC岐阜の試合日程・試合結果を発表!からどうぞ。

<広告>
実際の試合観戦は、テレビとかで見るのとはまた違った魅力がありますよね!
現在のFC岐阜の戦いでは、なかなかわくわくするようなシーンが少ないのが辛いですが・・・。
でも、これからの時期は、観戦やイベントを楽しむのにもってこいのシーズン。
イベントを目一杯楽しめるとイイね!
チケットぴあ

FC岐阜カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ

第11節(2019) FC岐阜vs栃木SC 結果

第11節(2019) 今回のブログは、サッカーJ2リーグ:第11節(2019)について。
『FC岐阜 vs 栃木SC』の試合結果をお伝えします!
<広告>




前節:水戸ホーリーホックとの一戦では、競り負けてしまったFC岐阜。
でも、ブログでも書きましたが、最近の試合展開を考えれば改善点は見えました。
シュート・得点への意識も前向きになってたし。
決して最下位に沈むチームには見えないんだよね~。
ただ、勝負の世界は結果が全てだしね。
前節の試合内容は、ブログ:第10節(2019) FC岐阜 vs 水戸ホーリーホック 結果を良かったらどうぞ。

さて、今日の第11節(2019)のお相手は、FC岐阜と近い順位で争っている栃木SC。
去年の戦歴は、引き分けと敗戦。
※過去の戦歴もご参考にどうぞ。
ブログ:第5節 FC岐阜 vs 栃木SC 試合結果!(2018)

勝利がなかなか無くてもどかしい状況の両チーム。
勝って調子をあげて行きたいね!

さあ、第11節(2019)の試合はどうなったかな?
まずは、FC岐阜のスターティングメンバーからどうぞ。

<FC岐阜:スターティングメンバー>

ポジション背番号選手名
GK43ヤン オレ ジーバース
DF15会津 雄生
DF甲斐 健太郎
DF27イヨハ 理 ヘンリー
DF阿部 正紀
MF30中島 賢星
MF14風間 宏矢
MF三島 頌平
FW18石川 大地
FW村田 透馬
FW24栗飯原 尚平

まずは、第11節(2019)の試合結果です。
1-1の引き分けでした。
勝ち点1。
勝利と共に勝ち点3を取りたかったけど。
でも、とにかく敗戦で勝ち点0ではなかったのは良かった。

さて、試合内容について。
前半。
FC岐阜の立ち上がりは決して悪くはない。
ただ、流れを自分達に引っ張って行く事がまだまだ難しいんだよね~。
具体的には、
ロング縦パス一本から粟飯原選手が中に切れ込んでシュート。
・・・相手選手が足に当てて防ぐ。
その後のコーナーキックで甲斐選手のヘディングシュート。
・・・相手が体を張って死守。
さらに、もう一回のコーナーキックでは、会津選手のシュートが不発。
・・・シュートが枠を捉える事が出来ず。
前2つのシュートも得点になっておかしくない流れだったけど、決まらず。
さらに、最後の会津選手のシュートは、ゴール前ノーマークだったので。
決めて欲しかったな~。
というか、こういうチャンスでしっかりと得点出来ていれば、流れが自分達にやって来るんだけどね・・・。

ちなみに、守備陣も今回は堅実な状況。
もちろん、決定的にヤバいって言う事もチラホラあったけどね。
・・・ハンドの反則を取られなかったのはラッキーだったけどね。
まずまずの前半だったと言えるでしょう。
あ、でも、ちとファウルの数が多いのは気になったかな。

ハーフタイムデータ。
<FC岐阜>
・シュート数:9本(枠内=4本)
・コーナーキック数:4
・ボール支配率:57%

<栃木SC>
・シュート数:3本(枠内=0本)
・コーナーキック数:0
・ボール支配率:43%

データ的にもいい感じに試合展開はしてます。
そう思うと、やっぱり決定機に決めれるようになってくれるとイイね!

次に後半です。
スタートは、栃木SCペース。
でも、FC岐阜が盛り返し始めたかな~という時に失点!
・・・痛いわ~。

サイド攻撃から1対1をDF陣が抜かれてセンターリング。
大黒選手が見事なヘッドシュート。
シュートもお見事だったけど、それと共にDFのマークをしっかりと外す位置取り。
FC岐阜は、この辺りの技術での向上も課題だね。
・・・課題がいっぱいだな(汗)

そして、サッカーはやっぱり点が入ると試合の流れが変わる。
今までFC岐阜優勢かと感じてたのが、俄然に栃木SCペース。
動きも前向きに攻める姿勢も全く違う。
大黒選手のシュートをキーパー:ジーバース選手が何とか弾いてくれたのは助かったわ~。
・・・FC岐阜は、ビクトル選手といいジーバース選手といい、キーパーにだけは恵まれているな~。

でも、今日のFC岐阜で良かった所は、失点後に相手ペースに対して、何とかでもしっかりと守れた事。
ドタバタ・ズルズル失点をしていくようでは、完全に負けていたと思う。

さらに、得点が出来た事。
4試合ぶりの得点!
粟飯原選手が自らドリブルで突破。
横から走り込んで来ていた山岸選手にドンピシャのパス。
そのままダイレクトのシュートで見事ゴールをゲット!
流れるような綺麗なゴールで良かった。
本当に良かった~。

前節からも確実に試合内容に変化が見られだしたFC岐阜。
これからの試合でも、もちろん相手は違うけれども、今日みたいな展開を見せて欲しい。
そしたら、勝利も近づくし、見てて面白いから。


第11節(2019)終了時のFC岐阜の順位です!
21位。
暫定的に最下位に落ちてたけど、一つ上に戻りました。
・・・まだ降格圏ですが。

残留争いからまだまだ抜け出せないFC岐阜。
辛い展開だけど、集中力を切らさずに一戦一戦を大事に戦って欲しい。
逆に、まだ1つの勝利で上位への道は確実に残っているから。

さあ、次回:第12節は、FC琉球との戦い。
今季からJ2に上がってきたチーム。
そして、TOP争いをしている非常に勢いのあるチーム。
今のFC岐阜にとっては、手ごわい相手でしょう。
でも、当たり前だけど、上位を目指す上では避けては通れない道。
自分達のサッカーをしっかりやって、そして勝利という結果を!
頑張れ!FC岐阜!!

それでは、最後にJ2リーグ:第11節(2019) FC岐阜vs栃木SCとの一戦(ハイライト)をどうぞ!

今年(2019年)のFC岐阜の試合結果一覧は、ブログ:J2・2019 FC岐阜の試合日程・試合結果を発表!からどうぞ。

<広告>
実際の試合観戦は、テレビとかで見るのとはまた違った魅力がありますよね!
現在のFC岐阜の戦いでは、なかなかわくわくするようなシーンが少ないのが辛いですが・・・。
でも、これからの時期は、観戦やイベントを楽しむのにもってこいのシーズン。
イベントを目一杯楽しめるとイイね!
チケットぴあ

FC岐阜カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ