アゼルバイジャンGP(2019) F1 第4戦 決勝

アゼルバイジャンGP(2019) 2019年 F1第4戦 アゼルバイジャンGP:決勝結果です。
個人的感想と共にお伝えします!
あなたの応援しているチームは、どうだったかな?
<広告>




F1第4戦:アゼルバイジャンGP(2019)決勝!
フリー走行で調子が良いのは、フェラーリ。
予選でめっちゃ速いメルセデス。
その後ろをしっかりとキープするレッドブル・ホンダ。
今年の風潮だね~。
金曜日・土曜日の結果(レポート)はこちらからどうぞ。
アゼルバイジャンGP(2019) F1 第4戦 フリー走行1・2回目
アゼルバイジャンGP(2019) F1 第4戦 フリー走行3・予選

今回のグランプリでは、そんな風潮にルクレールが待ったをかけれそうな気がしたんだけどね~。
思い通りにならないのが、このスポーツの楽しみではあるんだけれども。
第2戦バーレーンGPみたいにフェラーリが自滅していってしまうのか?
※ブログ:バーレーンGP(2019) F1 第2戦 決勝もご参考までに。

ロングランペースも良さそうなメルセデス。
今年はボッタスも絶好調。
去年もポールを取っていたし、アゼルバイジャンGPは得意なんだろうし。
死角なしって感じか・・・。

でも、さっきも言ったけど、終わってみるまでは分からない!
さあ、頑張って応援するぞ~!

まずは、アゼルバイジャンGP(2019):決勝結果の一覧から!
<決勝>

順位ドライバー/チーム
1位ボッタス/メルセデス
2位ハミルトン/メルセデス
3位ベッテル/フェラーリ
4位フェルスタッペン/レッドブル・ホンダ
5位ルクレール/フェラーリ
6位ペレス/レーシングポイント
7位サインツJr./マクラーレン
8位ノリス/マクラーレン
9位ストロール/レーシングポイント
10位ライコネン/アルファロメオ
11位アルボン/トロロッソ・ホンダ
12位ジョビナッツィ/アルファロメオ
13位マグヌッセン/ハース
14位ヒュルケンベルグ/ルノー
15位ラッセル/ウィリアムズ
16位クビカ/ウィリアムズ
-位ガスリー/レッドブル・ホンダ
-位グロージャン/ハース
-位クビアト/トロロッソ・ホンダ
-位リカルド/ルノー

アゼルバイジャンGP(2019)決勝!
終わってみれば、いつものメルセデスがワンツーという結果。
今年の救われる点は、ハミルトン一強ではない事ぐらいかな。

去年も速かったけど、ボッタスが今回も力強い走りでポールから優勝!
今季のジンクス(ポールから優勝出来ない)を打ち破る見事な走り。
ハミルトンからのプレッシャーもあっただろうけど、ミスもせず素晴らしい走りでした。

逆にハミルトンは、スタートの1コーナーが惜しかった。
並びかけたけど、イン側の方が加速するのがちと辛かった。
でも、その後に無茶をする訳でもなく。
現状で最高の結果を淡々と出してくる凄さ。
現役最高のドライバーたる所以をしっかり毎回見せつけるあたり。
正直に素晴らしいです。
今年も死角は無いかなぁ~。

ちなみにフェラーリは?というと。
3位・5位の入賞。
順当と言えば順当。

ベッテルは、最初に履いてたタイヤがあまり良くなかったのかな?
タイヤ交換後のペースは、かなりメルセデスに近づけたのは、少しばかり良い兆候。
ただ、ストレートも武器になる訳でもなく、コーナリングは確実にレッドブル・ホンダとメルセデスに負けてる現状を早く何とかして欲しい。

ルクレールは、最後の最後にレース中のファーステストラップにチャレンジ。
見事成功・・・まあ、タイヤ新品とか条件がそろってるけどね。
でも、ボッタスのように、この1点がキーポイントになるかもしれないから。
これから期待十分だね!

レッドブル・ホンダは、もう一歩階段を上がりたいね。
コースによってはメルセデスと勝負出来るかもしれないけれども。
常勝チームになる為にも!
まあ、今年の新生チームと言う事を考えれば、出来過ぎなのかもだけどね。
出来が良いだけにやっぱり期待してしまう(笑)

そして、ガスリーは、タイヤ交換をずっと我慢して、上まで上がってきた所でトラブル&リタイア。
前戦:中国GPで自信を取り戻し始めたみたいだったけど、悪い流れがね・・・。
ここは踏ん張りどころだね!

ちなみに、レース途中で意外なアクシデントがありました。
ルノー:リカルドがトロロッソホンダ:クビアトに後退でぶつけて両者のマシンが終わるというね。

事の発端は、リカルドがインを刺したけど止まり切れずに直進。
煽りを喰らう形でクビアトも直進して停車。
リカルドは、たぶん焦ってたんだね。
後ろを確認する事もなく後退。
で、止まってたクビアトに思いっきりぶつけてマシンを大破させて。
F1ドライバーもやっぱり一人の人間なんだね~。
当事者は心情穏やかではないだろうけど、何だかほっこり感じ入ってしまった(笑)

さあ、次回はスペインGP。
開幕前のテストでは、圧倒的にいいタイムが出せていたフェラーリ。
もういい加減にメルセデスを止めて欲しい。
逆にここでもメルセデスに負けるようだと、今年の行方はかなり厳しいね。

今年の結果を占う上でも、フェラーリの活躍を期待して。
頑張れ!フェラーリ!!

また、次回:スペインGPでお会いしましょう!
では、また~。

2019年レース結果は、レース結果(2019) F1:フリー走行・予選・決勝 結果!からどうぞ!

それでは、
最後にドライバーズランキング&コンストラクターズランキングです。

<ドライバーランキング>

順位ドライバー/チームポイント
1位ボッタス/メルセデス87ポイント
2位ハミルトン/メルセデス86ポイント
3位ベッテル/フェラーリ52ポイント
4位フェルスタッペン/レッドブル・ホンダ51ポイント
5位ルクレール/フェラーリ47ポイント
6位ペレス/レーシングポイント13ポイント
7位ガスリー/レッドブル・ホンダ13ポイント
8位ライコネン/アルファロメオ13ポイント
9位ノリス/マクラーレン12ポイント
10位マグヌッセン/ハース8ポイント
11位ヒュルケンベルグ/ルノー6ポイント
12位サインツJr./マクラーレン6ポイント
13位リカルド/ルノー6ポイント
14位ストロール/レーシングポイント4ポイント
15位アルボン/トロロッソ・ホンダ3ポイント
16位クビアト/トロロッソ・ホンダ1ポイント
17位ジョビナッツィ/アルファロメオ0ポイント
18位グロージャン/ハース0ポイント
19位ラッセル/ウィリアムズ0ポイント
20位クビカ/ウィリアムズ0ポイント

今回のアゼルバイジャンGP(2019)の勝利により、ボッタスが再びTOPに返り咲き!
開幕戦での指令無視が良い結果になってるね~。
1ポイント差。
ハミルトンが冷静さを失っていないから、まだまだ行方は分からないね~。

フェラーリ:ベッテルは、やっとこさ3位に浮上。
フェルスタッペンとルクレールも僅差だから、ミスは許されないね。

そして、TOP3についで、レーシングポイント:ペレスが6位と大健闘中!
失礼ながらちょっと意外だった。
この調子で上に上がって行けるとイイね!

<コンストラクターズランキング>

順位チームポイント
1位メルセデス173ポイント
2位フェラーリ99ポイント
3位レッドブル・ホンダ64ポイント
4位マクラーレン18ポイント
5位レーシングポイント17ポイント
6位アルファロメオ13ポイント
7位ルノー12ポイント
8位ハース8ポイント
9位トロロッソ・ホンダ4ポイント
10位ウィリアムズ0ポイント

第4戦:アゼルバイジャンGP(2019)終了時での結果です!
メルセデスがダントツだな~。
・・・開幕から4連勝だもんな~。
ただ、序盤で2位フェラーリとの差が約2倍って。
辛すぎる。
まあ、マシンの仕上がりも微妙だけど、戦略はもっと微妙だし。
今の順位は、凄く納得かな。

だから、フェラーリには、反撃の狼煙を早く上げて欲しい!
・・・上でも書いたけど、次戦:スペインGPでの結果が一つのキーポイントだね。

そして、中団グループは、本当に分からなくて楽しい!
マクラーレンが本家ルノーを抜いてるし。
フェラーリ・メルセデスエンジンを搭載するチームも混戦。
ホンダエンジンを積む、トロロッソホンダの獲得ポイント(=順位)が低いのは切ないね。
今後上向きになって行く事を願ってます。

それにしても、メルセデス以外が勝つ日が来るのだろうか?
早く来て欲しいな~。

<広告>
日本国内はもちろん世界中の音楽・スポーツイベントのチケットがviagogoで手に入る!



F1カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ

アゼルバイジャンGP(2019) F1 第4戦 フリー走行3・予選

アゼルバイジャンGP(2019) 今回は、2019年 F1第4戦アゼルバイジャンGP:フリー走行3回目・予選の結果をお伝えします!
タイムの一覧と個人的感想を良かったらお楽しみ下さい!!
<広告>




F1史上でも珍しい事件が起きた昨日のアゼルバイジャンGP(2019)。
フェラーリが新しく持って来たアップグレードの効果が何となく見えたような(?)感じで。
ドタバタがあったフリー走行1回目はともかく、2回目でワンツーゲットが出来たのは良かった。
昨日のアゼルバイジャンGP(2019)フリー走行1・2結果は、
ブログ:アゼルバイジャンGP(2019) F1 第4戦 フリー走行1・2回目をどうぞ。

そうは言っても、2日目から(特に予選から)速くなるのが定番のメルセデス。
今日もそうなるのかな?と思いつつ。
でも、フェラーリの力を信じて!

そして、段々速さが増しているレッドブル・ホンダとトロロッソホンダチームの活躍はいかに?
今年のF1は、色々な面で楽しめて嬉しい~。

それでは、
アゼルバイジャンGP(2019):フリー走行3回目のスタートです!!
<フリー走行3回目>

順位ドライバー/チームタイム
1位ルクレール/フェラーリ1’41.604
2位ベッテル/フェラーリ1’41.802
3位フェルスタッペン/レッドブル・ホンダ1’42.852
4位ボッタス/メルセデス1’43.064
5位ハミルトン/メルセデス1’43.176
6位クビアト/トロロッソ・ホンダ1’43.223
7位マグヌッセン/ハース1’43.294
8位アルボン/トロロッソ・ホンダ1’43.300
9位ペレス/レーシングポイント1’43.430
10位ライコネン/アルファロメオ1’43.537
11位リカルド/ルノー1’43.561
12位ジョビナッツィ/アルファロメオ1’43.637
13位ノリス/マクラーレン1’43.924
14位サインツJr./マクラーレン1’43.978
15位ストロール/レーシングポイント1’44.039
16位ヒュルケンベルグ/ルノー1’44.043
17位グロージャン/ハース1’44.374
18位クビカ/ウィリアムズ1’46.000
19位ラッセル/ウィリアムズ1’46.290
20位ガスリー/レッドブル・ホンダ1’47.836

アゼルバイジャンGP(2019):フリー走行3回目。
ワンツーの結果を出したのは、フェラーリの2台!
今年のフェラーリのエンジンは、メルセデス以上との噂を半信半疑だったけど。
とりあえずは、エンジンのアドバンテージはありそう。
ただ、パワーがあっても空力バランスとか他の部分とのバランスが大事なF1だから、簡単には勝てないだろうけど。
でも、メルセデスに対して、TOP:ルクレールが1秒以上離したのは希望が持てる。

逆に、
メルセデス:ハミルトンは、今年のマシンを完璧に自分の物にまだ出来てないかな?
ボッタスがいい感じだから、是非頑張ってハミルトンと張り合って欲しい!
・・・ハミルトンがダントツだとF1が面白くないし。
とは言え、次の予選ではいきなりTOPタイムを出すかな?という予感もする。
フリー走行3回目のフェラーリの活躍は、ほどほどに喜んでおこう(笑)

そして、レッドブル・ホンダ!
ガスリーは、段々速さを見せ始めてるけど、今回のスタート順位を考えてロングラン重視の戦略。
今回もいい結果に結びつくとイイな~。
そして、フェルスタッペン。
最近思うに、大口を叩かない分速さが増してる感じがする。
結果も3番手タイム。
ホンダエンジンとマシンのパッケージがイイみたい!

トロロッソホンダも6・8位。
ホンダエンジン、いい感じだね!
この勢いで頑張れ~!!

さあ、この後は、予選のお時間。
開幕から待ち焦がれたフェラーリの復活はあるのか?
いや、あって欲しい!
あってくれないと困る(笑)
そして、レッドブル・ホンダもメルセデスより速ければ最高。
・・・そこまではまだ難しいかな?
願望をしっかり持って予選を見てみたいと思います(笑)

続いて、予選結果をご紹介!
アゼルバイジャンGP(2019):予選のタイム結果からどうぞ!!
<予選>

順位ドライバー/チームタイム
1位ボッタス/メルセデス1’40.495
2位ハミルトン/メルセデス1’40.554
3位ベッテル/フェラーリ1’40.797
4位フェルスタッペン/レッドブル・ホンダ1’41.069
5位ペレス/レーシングポイント1’41.593
6位クビアト/トロロッソ・ホンダ1’41.681
7位ノリス/マクラーレン1’41.886
8位ジョビナッツィ/アルファロメオ1’42.424
9位ライコネン/アルファロメオ1’43.068
10位ルクレール/フェラーリNo Time
11位サインツJr./マクラーレン1’42.398
12位リカルド/ルノー1’42.477
13位アルボン/トロロッソ・ホンダ1’42.494
14位マグヌッセン/ハース1’42.699
15位ストロール/レーシングポイント1’42.630
16位グロージャン/ハース1’43.407
17位ヒュルケンベルグ/ルノー1’43.427
18位ラッセル/ウィリアムズ1’45.062
19位クビカ/ウィリアムズ1’45.455
-位ガスリー/レッドブル・ホンダ失格

アゼルバイジャンGP(2019):予選。
Q1。
上位陣は、順当に進出。
レッドブル・ホンダ:フェルスタッペンが敗退するのか?とヒヤヒヤしたけど。
Q1ラストアタックでしっかりとタイムを出して一安心。
やっぱりメルセデス:ハミルトンは速くなりました。
でも、フェラーリ:ルクレールも負けてない。
いい感じ!

中団グループでは、最後の最後にウィリアムズ:クビカが壁に突き刺さる様にクラッシュ。
昨日は、ラッセルがクラッシュで今日はクビカ。
ウィリアムズにとって、辛いグランプリになってしまったね。
色々忙しいだろうけど、メカニックマンさん!頑張って!!

そして、ルノーも大変そう。
リカルドは、ギリギリQ2進出したけど、勢い的には辛いものがあるね。
ただ、決勝でリカルドがファンタスティックな走りをしてくれる事を楽しみにしてたいと思います。

Q2。
今年のフェラーリの流れの悪さは、特筆すべきものがあるね(泣)
もちろん、ドライバーのミスからだけども。
絶好調だったフェラーリ:ルクレールがまさかのミスでクラッシュ&リタイア。
赤旗中断。
さっきのQ1ラストでクビカが起こした場所と全く同じパターン。
若さが出ちゃった?
こんなタイミングで出なくても~って思うけど。
まあ、起きた事を悔やんでても良くなる事は無いからね。
誰にでも起き得る事だし。
この経験が、未来のルクレールをもっと強くしてくれると思う。
明日の決勝。
力強いレース展開を楽しみにしてます!

それ以外は、比較的順当の結果と言うべきか。
メルセデス・レッドブル・ホンダ・フェラーリの誰がポールを出すかな?
メルセデス優勢な流れを打つ払う事が出来るかな?

Q3。
クビカとルクレールのクラッシュによって壊れたコースの修繕は、時間がかかったね~。
かなりスタートが遅れました。

そして、それがフェラーリ:ベッテルにもいい影響は与えないという切なさ。
今年のフェラーリのマシンは、タイヤの温度管理がたぶんシビアなんでしょう。
路面温度の低下は、フェラーリには痛すぎる。
さらに、スリップストリームも使えないしね。
まあ、メルセデスに先行されたのも致し方なしか。
3番手タイム。
メルセデスとコンマ3秒差。
タイム的にはまだまだ戦える位置・・・だとイイな。

そして、予選で魅せてくれたのが、メルセデス:ボッタス!
ハミルトンを意地で抜くポールタイム。
去年とは別人のようなボッタス。
無線の受け答えも自信がみなぎっている!
今年は、かなり強力な走り(精神状態)なので、めっちゃ応援したい!
明日の決勝では、前回の中国GPのようにスタートで失敗しない事を願ってます。
・・・ただ、今年のF1は、ポールシッターが決勝で勝ててないんだよね~。ちと嫌ね。

そして、レッドブル・ホンダ:フェルスタッペンは、しっかり4番手。
ある意味で定位置。
決勝でのペースも悪くないと思うし、どこまで行けるか楽しみ!

中団グループでは、レーシングポイント:ペレスが5番手と大金星。
さらに、マクラーレン:ノリスが7番手。
この新人は、将来が楽しみだな~。
そして、アルファロメオ:ライコネンが9番手。
ライコネンもさすがだね~。
しっかりと結果を残すあたり。
素敵です!

明日は、アゼルバイジャンGP(2019)の決勝。
フェラーリ:ルクレールがどこまで挽回してくるのか?
メルセデスの内部争いの結末がどうなるのか?
レッドブル・ホンダにまさかの結果が来たら!・・・とか勝手に想像(笑)
また、明日の決勝後にお会いしましょう。
では、また~!

2019年レース結果は、レース結果(2019) F1:フリー走行・予選・決勝 結果!からどうぞ!

<広告>
今乗っている車を新しくしようと考えているあなた。
愛着のある車をどこに託しますか?
今の時代はとってもありがたい。
家に居ながら自分の車の買取価格を調べる事が出来るから。
そして、全国的に展開している会社なら、より安心かな?
愛車の査定に一度チャレンジしてみてはいかがですか?
【中古車のガリバー】スマホで愛車無料査定

F1カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ

アゼルバイジャンGP(2019) F1 第4戦 フリー走行1・2回目

アゼルバイジャンGP(2019) このブログでは、2019年 F1 アゼルバイジャンGP:フリー走行1回目・2回目の結果をお伝えします!
タイム一覧と個人的感想を良かったらお楽しみ下さい!!
<広告>




今回は、F1第4戦。
現在のF1レースにおいて、一番狭いコース幅となるセクションと超ロングストレート(アクセル全開で抜けるコーナーなのでストレートとして認識)を併せ持つ市街地サーキットが特徴のサーキット。
パワー勝負の為にリアウィングを軽くしたいけど、テクニカルセクションである第2セクターは空力の恩恵を受けたい。
この相反するバランスをどのチームが最適化出来るでしょうか?
まあ、メルセデスが一番かと思うけど・・・。
空力的にNO.1と言われるレッドブル・ホンダにパワーが備われば、意外といい勝負になるかな?
そして、アップデートのパーツを多数持って来たフェラーリの進歩はどうか?
今回のアゼルバイジャンGP(2019)は、見所満載だね!

ただ、前戦:中国GPでも見せたフェラーリの戦術の悪さ。
中国GP(2019)のブログは、中国GP(2019) F1 第3戦 決勝もどうぞ。

ルクレールの実力&結果が、首脳陣を惑わしてるのかもしれないけど。
・・・嬉しい悲鳴?
でも、メルセデスがこの部分では完璧であるが故に、フェラーリの弱さが目立つと言うか。

だからその部分で、フェラーリのチームとしてどういう結論を出すのか?
アゼルバイジャンGP(2019)のキーポイントになるかもね。

とにかく、今日から始まるアゼルバイジャンGP(2019)。
楽しみだ~!

アゼルバイジャンGP(2019):フリー走行1回目の結果です!!
<フリー走行1回目>

順位ドライバー/チーム タイム
1位ルクレール/フェラーリ1’47.497
2位ベッテル/フェラーリ1’49.598
3位グロージャン/ハースNo Time
4位ノリス/マクラーレンNo Time
5位フェルスタッペン/レッドブル・ホンダNo Time
6位マグヌッセン/ハースNo Time
7位サインツJr./マクラーレンNo Time
8位ジョビナッツィ/アルファロメオNo Time
9位クビアト/トロロッソ・ホンダNo Time
10位クビカ/ウィリアムズNo Time
11位ラッセル/ウィリアムズNo Time
12位アルボン/トロロッソ・ホンダNo Time
13位リカルド/ルノーNo Time
14位ヒュルケンベルグ/ルノーNo Time
15位ガスリー/レッドブル・ホンダNo Time
16位ライコネン/アルファロメオNo Time
17位ペレス/レーシングポイントNo Time
18位ストロール/レーシングポイントNo Time

アゼルバイジャンGP(2019):フリー走行1回目。
上のタイム順位を見た方はビックリかな?
フェラーリ以外タイム計測が無いというね。
昔アメリカGPであったような、ストライキ的な話ではありません。

何があったかと言えば、
フリー走行1回目の開始後わずかでマンホールの蓋が外れ、ウィリアムズのマシン下面を大破させる事件が!!
めちゃめちゃ珍しい話です。
まあ、市街地サーキットなので、通常の道路を使って走るから、マンホールもあるんですが。
・・・当然、溶接等で浮き上がらない対策はしてるんですが。
それでも、F1のタイヤの粘着力が勝ってしまいました。

と言う訳で、
フェラーリ頑張れ!と意気込んでましたが、赤旗中断&コース修復の為にセッション終了。
だから、ブログに書く事もないね(笑)
フェラーリの2台は少し走ったけど、メルセデスは走ってもないもんね~。

そんな事を書いてたら、一つネタが発生!
それは、
ウィリアムズのマシンを回収してピットに運ぼうとしていたレッカー車が、マシンを吊り上げるアームを下げずに走ったおかげで、コース途中にある陸橋に激突して2次災害。
・・・おいおいって感じ。
さらに、アームが壊れてオイル(?)がウィリアムズのマシンを汚しまくるという。
踏んだり蹴ったりなウィリアムズ。
かわいそうです。

さあ、この後は、フリー走行2回目。
ただ、コースの修復は間に合うのだろうか?
間に合っても間に合わなくても、チームにとっては大忙しだろうね。
タイヤの評価、セッティング。
ドライバーとチームの処理能力も問われそう。
どうなるかな?

続いては、アゼルバイジャンGP(2019):フリー走行2回目の結果です!
<フリー走行2回目>

順位ドライバー/チーム タイム
1位ルクレール/フェラーリ1’42.872
2位ベッテル/フェラーリ1’43.196
3位ハミルトン/メルセデス1’43.541
4位フェルスタッペン/レッドブル・ホンダ1’43.793
5位ボッタス/メルセデス1’44.003
6位クビアト/トロロッソ・ホンダ1’44.177
7位サインツJr./マクラーレン1’44.183
8位アルボン/トロロッソ・ホンダ1’44.216
9位ガスリー/レッドブル・ホンダ1’44.240
10位ノリス/マクラーレン1’44.295
11位マグヌッセン/ハース1’44.901
12位ジョビナッツィ/アルファロメオ1’45.366
13位ペレス/レーシングポイント1’45.436
14位ライコネン/アルファロメオ1’45.482
15位リカルド/ルノー1’45.483
16位グロージャン/ハース1’45.618
17位ヒュルケンベルグ/ルノー1’46.717
18位ストロール/レーシングポイント1’47.875
19位クビカ/ウィリアムズ1’48.111

まずは、アゼルバイジャンGP(2019):フリー走行2回目がちゃんと行われて良かった。
では、内容について書いてみたいと思います。

先ほどのフリー走行1回目でマシンが壊れたウィリアムズ:ラッセルは走れず。
全19台で行われました。

真っ先にコースインしたのは、メルセデスの2台。
いつもは重役出勤をするハミルトンもしっかり走行開始。
見えない部分でもやるべき事をしっかりやってるから結果も出てるんだろうね。
2台で直線の引っ張り合いの練習もちゃんとやってたし。
盤石だな。

そんなメルセデスを追いかけるフェラーリの2台はどうでしょうか?
フェラーリ:ルクレールが、ここでもベッテルを凌駕する走りを披露!
・・・でも、ベッテルも2番手タイムでワンツーを樹立。
出だしは好調!

それにしても、2番手ベッテルにも約コンマ3秒差をつけたルクレール。
速いな~!
途中の走行時にコースサイドの壁に当たりながら走行してるのを見た時は、ちょっとヒヤっとしたけど。
この若武者のアグレッシブさにわくわくするわ~!!

そして、もう一つの注目チーム:レッドブル・ホンダ。
パワー(=エンジン関連)のバージョンアップを実施!
スペック2が投入。
信頼性の向上がメインだけど、パワーも若干積み増してるみたいだし。

結果論的に言えば、確実に進化が見えた~!
最高速でも引けを取ってない!
他のチームと比べるには、セッティング等の条件の違いがあるので、正確な違いは分かりませんが・・・。
でも、いい感じなのは間違いない!
ホンダエンジンを積む、トロロッソホンダのタイムも悪くないし。
今後がどんどん楽しみだ~。

中団グループでは、ハースが最近あまり調子が出ない?
悪くはないかもしれないけど、良くもないような。
何て言うか、ピシッとしてないと言うか・・・。
タイヤの温度管理が難しいのか?
今年のフェラーリもその部分がありそうだし、ちょっと嫌な感じだね。

とにかく、フェラーリの走りは、メルセデスに負けてなさそう。
まあ、予選になるとハミルトンがめっちゃ速くなるんだろうけどね。
それも、予想では、決勝のロングランペースはメルセデスの方が有利との事。
ちょっと嫌ね~。

明日は、アゼルバイジャンGP(2019)のフリー走行3回目と予選。
決勝に向けて少しでも優位にスタート出来る様に。
フェラーリの走りに期待です!

2019年レース結果は、レース結果(2019) F1:フリー走行・予選・決勝 結果!からどうぞ!

<広告>
あなたは、車に乗って何処かに行くのは好きですか?
私は、車を走らせるのが大好きなので、すぐ何処かにふらっと行ってしまうのですが(笑)
そして、自分で運転するなら、乗りたいって思える車と巡り合えたら余計に良いですね!
自分の欲しい車と巡り合うのも縁。
好みの車に出会えるとイイね!!
【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

F1カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ