第20節 FC岐阜 vs レノファ山口FC 試合結果!(2018)

第20節 FC岐阜 vs レノファ山口 の試合結果をお伝えします!
<広告>




今回の相手は、前節同様上位チーム(現時点で首位):レノファ山口FCとの一戦!
当たり前だけど、上を目指していくなら上位チームにも勝てるようになって行かないとね!
・・・まだまだFC岐阜の力はそこまでに至ってないけど(泣)
前節:FC町田ゼルビアとの試合で、早め早めに積極的なプレスをしてくる相手への弱さを露呈したFC岐阜
詳しくは、ブログ:第19節 FC岐阜 vs FC町田ゼルビア 試合結果!(2018)をどうぞ。
今日はどんな戦いをするのか?
まずはFC岐阜のスターティングメンバーからどうぞ!

<FC岐阜:スターティングメンバー>

ポジション背番号選手名
GK25ビクトル
DF16福村 貴幸
DF竹田 忠嗣
DF15田森 大己
DF阿部 正紀
MF三島 頌平
MF23小野 悠斗
MF31宮本 航汰
FW田中 パウロ淳一
FW14風間 宏矢
FW11古橋 亨梧

今回の試合は、前半と後半で内容がガラッと変わる面白い展開。
タイトルにも書いたけど、良い面・悪い面が入り混じる試合でした。
では、早速振り返ってみたいと思います。

まずは悪い面が出た前半。
前半立ち上がりは、古橋選手が積極的にシュートに行き、FC岐阜のペースに持って行くのかと思いきや・・・。
7分に逆にレノファ山口FCのオナイウ 阿道選手に得点を入れられて(泣)
失点したのも問題だけど、それ以上にセンターリングからの対応でオナイウ 阿道選手がフリーにしてしまったのが問題。
・・・2点目を入れられた時も同じ感じだったから。
さらに、失点後から前半終了まで全く攻め手にかけたという点。
前節同様、全くなすすべなしというぐらい委縮した感満載の試合展開。
FC町田ゼルビアとの一戦から改善されてなかったね~。
横へのパス回しは出来ても、裏へ通すようなパスなど、相手に攻められるという怖さを与えられない攻撃パターンでは得点は難しいね。
特に首位を走るようなチーム相手では・・・。
真面目にJ1だって夢ではないと思えるチームにFC岐阜はなって来てると思う。
だからこそ、前半のような戦いをしててはダメだ。
苦しい時でも突破口を開くような姿勢が出てこないとね。

と、前半は本当にもどかしい程どうしたの?と言いたいぐらいの内容。
昔のFC岐阜に戻ってしまったかと心配した~。

でも、やっぱりFC岐阜は進化してます!
後半開始直後は、前半の悪い流れを引きずってるように見えたけど、10分過ぎあたりから、一気に目覚めました!!

それは1つのコーナーキックを得る流れから。
ちなみに、このコーナーキック&得点は、幻と消えました(泣)
というのも、相手ディフェンダーをコーナーキック時のポジション争いの時に押し倒したという事でFC岐阜が反則を取られた。
でも、あまり言ってはいけない事だけど、スロー再生したらFC岐阜の選手が押し倒した訳でなく、相手ディフェンダー同士が交錯して倒れただけなんだよね~。
誤審・・・のような気がする(泣)

この得点は無効だった訳ですが、この時からFC岐阜に変化がはっきりと見え始めます。
そう!
前半に見られなかった縦へのパスなど、最近好調だった時のFC岐阜の攻撃的サッカーが復活!!
この勢いにのって、62分・75分と古橋選手が見事な得点をゲット。
一気に逆転に成功する訳です(嬉)

まあ、このまま勝てたら、本当に劇的な試合だったのですが・・・。
同点弾を決められて、試合は引き分けに。
それもラスト10分ぐらいは、相手選手が反則⇒退場となっていたので、人数的にも優位だったのに点を入れれなかったという反省点はありますが。
いい面がいっぱいの後半だったね~。

色んな意味で勝ちたかった試合で引き分けたけど、良かったな~って感じる試合。
それは、前半があまりにも良くない状況だったのが、後半であれだけ優位に試合を運べる強さを見せてくれたから。
監督曰く『こんな(いい)試合が出来るなら勝たないと』という厳しい言葉はあったけど、でもそれぐらい強くなってるのが実感出来た試合で良かった!
今年は、最初の試合からずっと毎戦FC岐阜の戦いを見てるけど、本当に変わって来てるのがはっきりと分かるのがめちゃめちゃ嬉しい。
わくわくするもんね(笑)
相手監督曰く『勝敗はどうあれ、試合を見るという観点からは良い試合だった』と言うようなコメントがあったけど、本当に見てるこちらとしては楽しめたし、サッカーって面白いんだな~って思えた。
今季も半分が終わろうとしてる訳だけど、これからも、もっともっとわくわくする楽しい試合を楽しみにしてます!

次節は、モンテディオ山形との戦い。
同じ8勝同士だから、頑張って勝ち星をあげて欲しい!
そしたら、一気に現在11位から6位辺りにジャンプアップするかな?
試合内容も大事だけど、試合なんだから順位もやっぱり良い方がイイ(笑)

もっともっと強くなって、J1へ。
その為にも1戦1戦を大事に戦わないとね。
頑張れ!FC岐阜!!

第20節 FC岐阜vsレノファ山口FCとのハイライトをお楽しみください!

<広告>



FC岐阜カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ

フランスGP F1 第8戦 フランスGP 2日目(フリー走行3回目・予選)

<広告>




アップデートを延期すると言っていたメルセデスが新しいスペックエンジンを投入してきましたね〜。
フォースインディアなどのカスタマーチームにも配備です!
これがどれぐらいの進歩を果たすのか?
・・・これ以上に強くならなくてもいいんだけど!そしたらフェラーリが楽に勝てるのに(笑)
どんどん追いついて来たレッドブルとのTOP対決がとっても楽しみだね〜。
誰が抜き出るのか?
注目のフランスGP:フリー走行3回目&予選です!!

<フリー走行3回目>

順位ドライバー/チーム タイム
1位ボッタス/メルセデス1’33.666
2位サインツJr./ルノー1’34.953
3位ルクレール/ザウバー1’35.012
4位アロンソ/マクラーレン1’36.365
5位ベッテル/フェラーリ1’36.756
6位バンドーン/マクラーレン1’37.547
7位ガスリー/トロロッソ1’38.317
8位エリクソン/ザウバー1’38.450
9位ペレス/フォース・インディア1’39.641
10位リカルド/レッドブル1’39.738
11位オコン/フォース・インディア1’40.087
12位ハミルトン/メルセデス1’40.743
13位ライコネン/フェラーリ1’49.711
14位ストロール/ウィリアムズ2’02.399
15位シロトキン/ウィリアムズ2’04.093
16位マグヌッセン/ハースNo Time
17位ハートレー/トロロッソNo Time
18位グロージャン/ハースNo Time
19位ヒュルケンベルグ/ルノーNo Time
20位フェルスタッペン/レッドブルNo Time

最初に一言!
予報が全然違うやん(笑)
3日間晴れの予報がまさかまさかの雨模様。
途中強く降ったりしてたし。
タイムシートを見てもらうと分かりますが、いつもと全く違う結果でした~。
これをいきなり見た人は、何が起きた!とびっくりしたでしょうね~(笑)
と言う訳で、だ~れも走らないフリー走行3回目。
書く事が無い(笑)
ただ、誰も走らないという事は、この後の予選では晴れると考えてるんだろうね~。
セッティング直して(雨用に)出て来るドライバーが誰も居ないしね。

と言う訳で、この後の予選を楽しみにしましょう。
では、また~。

フランスGP:フリー走行3回目のハイライト動画をどうぞ!
※見る人居るかな?(笑)

<予選>

順位ドライバー/チーム タイム
1位ハミルトン/メルセデス1’30.029
2位ボッタス/メルセデス1’30.147
3位ベッテル/フェラーリ1’30.400
4位フェルスタッペン/レッドブル1’30.705
5位リカルド/レッドブル1’30.895
6位ライコネン/フェラーリ1’31.057
7位サインツJr./ルノー1’32.126
8位ルクレール/ザウバー1’32.635
9位マグヌッセン/ハース1’32.930
10位グロージャン/ハースNo Time
11位オコン/フォース・インディア1’32.075
12位ヒュルケンベルグ/ルノー1’32.115
13位ペレス/フォース・インディア1’32.454
14位ガスリー/トロロッソ1’32.460
15位エリクソン/ザウバー1’32.820
16位アロンソ/マクラーレン1’32.976
17位ハートレー/トロロッソ1’33.025
18位バンドーン/マクラーレン1’33.162
19位シロトキン/ウィリアムズ1’33.636
20位ストロール/ウィリアムズ1’33.729

天気が本当に晴れた!
忙しい話だね(笑)

まずは、Q1から。
フェラーリ:ベッテルは今回イマイチだね~。
いつもみたいに段々タイム上げてくるというには伸び率が悪い。
逆にライコネンはいい感じ。
来年ルクレールと交代するのでは?と言われてるけど、まだまだやれるっしょ!
頑張れ!ライコネン!!
・・・でも、ザウバーのマシンが段々良くなってるのかもしれないけど、ここまで速さを見せてくるルクレールは、次の世代の台頭を思わずにはいられない。
楽しみになドライバーです!

ちなみに、マクラーレンは2台ともQ1敗退。
開幕戦からどんどん速さを失いつつある感じ。
どうしたんだろうね~。

Q2では、またも天気が・・・。
ポツポツ雨のコンディション(走れない訳ではないぐらいの少量の雨)。
フェラーリは決勝の戦略をメルセデス・レッドブルとは違う選択。
ウルトラソフトでスタートを選びました!
※他はスーパーソフト。
吉と出るか凶と出るか。
でも、一番の心配事は、ウルトラソフトを履いてもメルセデスのタイムを抜けない事。
決勝はかなり厳しいだろうな~(泣)

Q3の話題は、まずはハース:グロージャン!
今週末は最初から速さを見せて、まさかTOP3を脅かす?という感じだったのに、空回り。
地元グランプリで気合十分だったのに・・・スピン&クラッシュ=ノータイムで終了(泣)
速いのに今期まだノーポイント。
本当に流れにのれんな~。

解説の中野さんが何度も言ってたけど、このポールリカールは1周をまとめるのが本当に難しいみたい。
ベッテルもライコネンもハミルトンも完璧なラップ!といえる走りが出来てなかったね~。
今までの流れからすると、フェラーリ:ベッテルの予選3位は、頑張った結果だね。
ただ、フェラーリの二人の走りから余裕が見れなくなったのは、やっぱりアップグレードによってメルセデスがかなり速くなったんだろうね。
フロントロー独占されたし。
タイヤ戦略的にも前を取られたのはかなりイタイわ~。

明日の決勝は、
ベッテルの走り、戦略に期待してます!
頑張れ!フェラーリ!!

フランスGP:予選のハイライト動画をどうぞ!

<広告>



F1速報シリーズ・リスト一覧はこちらから
F1カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ

フランスGP F1 第8戦 フランスGP 決勝!ハミルトンが完勝。フェラーリ:ベッテルは痛恨の追突!!

<広告>




今週のフランスGPは、前戦カナダGPとは打って変わってメルセデス優勢の状況。
それにしても、フロントローをメルセデスが占めるとは・・・。
フェラーリ:ベッテルは、スタート時のタイヤが他のTOPチームとは違う!
これが凶と出るか吉と出るか。
予選で負けても決勝で勝てたら最高だけど。
注目のフランスGP:決勝の結果からです。

<決勝>

順位ドライバー/チーム
1位ハミルトン/メルセデス
2位フェルスタッペン/レッドブル
3位ライコネン/フェラーリ
4位リカルド/レッドブル
5位ベッテル/フェラーリ
6位マグヌッセン/ハース
7位ボッタス/メルセデス
8位サインツJr./ルノー
9位ヒュルケンベルグ/ルノー
10位ルクレール/ザウバー
11位グロージャン/ハース
12位バンドーン/マクラーレン
13位エリクソン/ザウバー
14位ハートレー/トロロッソ
15位シロトキン/ウィリアムズ
16位アロンソ/マクラーレン
17位ストロール/ウィリアムズ
18位ペレス/フォース・インディア
19位オコン/フォース・インディア
20位ガスリー/トロロッソ

スタートでフェラーリ:ベッテルはいいスタート!
タイヤが速さが出るウルトラソフトだからね~。
で、2位のメルセデス:ボッタスに並びかけて~って、次に!と思ったらぶつけてしまった(泣)
止まり切れなかったかなぁ~。
その後、中段グループでもかなりの混乱があって、セーフティカーが出動!
おかげで、ベッテルの被害は最小になったかな?
でも、その後の鬼の様な追い上げを見せたベッテルの走りを見てたら、アクシデント無く走ったらメルセデス:ハミルトンに何処まで迫れたかな?
とにかく、もったいない話だった。
5位フィニッシュがやっと・・・。
逆にフェラーリ:ライコネンはしっかりと存在感を見せてくれて嬉しい。
レッドブル:リカルドをきっちり抜いての表彰台ゲット!
来年以降のシートの話が色々出てますが、まだまだ行けるっしょ!
頑張って~!ライコネン。
ライコネンの走りも大好きです!!

ちなみに、メルセデス:ハミルトンは完勝だったね。
アップグレード成功。
レッドブル:フェルスタッペンのペースを見てレースコントロールがバッチリだったから、かなりの速さを取り戻したかな~。
はっきり言って、ヤダな~。

でも、今年は、ベッテルが勝って、ハミルトンが勝って、リカルドが勝つ。
勝つ人がコロコロ変わるのは見ていて楽しいけれども。
やっぱりフェラーリが勝つ方がいい(笑)

中段グループでもアップグレードのおかげで速さが一段増し。
ルノー・ハース・ザウバー(!)などが強さを取り戻し始めてるね~。
そうすると、トロロッソ・ホンダはちと辛いか?
今回は、スタート時の混乱でガスリーがリタイヤという不運はあったけど・・・。
去年までの悲観的部分はかなり少ないのは嬉しいけど、もう一段上がれるように期待してます!
代わりに、マクラーレンの失速はどうしたの?と言えるぐらいだけどね。
ここもどのチームが抜け出すのか?
楽しみです。

今週から、F1史上初の3連戦。
1戦目はメルセデスに負けたけど、残り2連勝をフェラーリで!
・・・かなり難しそうだけどね(笑)
次回オーストリアGPで逆襲を!
頑張れ!フェラーリ!!

では、ドライバーズランキング&コンストラクターズランキングです。
<ドライバーランキング>

順位ドライバー/チームポイント
1位ハミルトン/メルセデス145ポイント
2位ベッテル/フェラーリ131ポイント
3位リカルド/レッドブル96ポイント
4位ボッタス/メルセデス92ポイント
5位ライコネン/フェラーリ83ポイント
6位フェルスタッペン/レッドブル68ポイント
7位ヒュルケンベルグ/ルノー34ポイント
8位アロンソ/マクラーレン32ポイント
9位サインツJr./ルノー28ポイント
10位マグヌッセン/ハース27ポイント
11位ガスリー/トロロッソ18ポイント
12位ペレス/フォース・インディア17ポイント
13位オコン/フォース・インディア11ポイント
14位ルクレール/ザウバー11ポイント
15位バンドーン/マクラーレン8ポイント
16位ストロール/ウィリアムズ4ポイント
17位エリクソン/ザウバー2ポイント
18位ハートレー/トロロッソ1ポイント
19位グロージャン/ハース0ポイント
20位シロトキン/ウィリアムズ0ポイント

<コンストラクターズランキング>

順位チームポイント
1位メルセデス237ポイント
2位フェラーリ214ポイント
3位レッドブル164ポイント
4位ルノー62ポイント
5位マクラーレン40ポイント
6位フォース・インディア28ポイント
7位ハース27ポイント
8位トロロッソ19ポイント
9位ザウバー13ポイント
10位ウィリアムズ4ポイント

コロコロ変わるドライバーズランキング。
ハミルトンがベッテルとの差をいっぱいつけての逆転!
まだまだ分からないから楽しいわ~。
ライコネンとリカルドが地味に上がって来てるのは嬉しい。
それでは、来週:オーストリアGPをお楽しみに~。

2018 フランスGP:決勝のハイライトをお楽しみください。

<広告>
メルセデス:ハミルトンが完勝!
フェラーリ:ベッテルが失速。
勝ち数が同じで混戦模様のF1。
このドキドキ・わくわくがたまんないね~。
私個人的には、フェラーリが圧倒的な強さで席巻するのもいいけどね~(笑)
データで見るF1はこちらの1冊!
6月28日発売です!!

F1速報 2018年 7/5号 第8戦フランスGP

F1速報シリーズ・リスト一覧はこちらから
F1カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ