中国GP F1 第3戦 中国GP 決勝!まさかの展開。リカルドが今季初勝利!!

<広告>




昨日までの気温から打って変わって、かなり路面温度が上がってしまった決勝。
この段階で、何か波乱が起こる予感満載。
メルセデスが息を吹き返すかと思っていたんだけど・・・。
何と何と、レッドブル:リカルドが鮮やかにレースの勝利を掻っ攫ったのでした!!
まずは、順位表から。
<決勝>

順位ドライバー/チーム
1位リカルド/レッドブル
2位ボッタス/メルセデス
3位ライコネン/フェラーリ
4位ハミルトン/メルセデス
5位フェルスタッペン/レッドブル
6位ヒュルケンベルグ/ルノー
7位アロンソ/マクラーレン
8位ベッテル/フェラーリ
9位サインツJr./ルノー
10位マグヌッセン/ハース
11位オコン/フォース・インディア
12位ペレス/フォース・インディア
13位バンドーン/マクラーレン
14位ストロール/ウィリアムズ
15位シロトキン/ウィリアムズ
16位エリクソン/ザウバー
17位グロージャン/ハース
18位ガスリー/トロロッソ
19位ルクレール/ザウバー
20位ハートレー/トロロッソ

それにしても、リカルドの走りは本当に見事だったな~。
優勝した事はもちろん見事なんだけど、それ以上にその内容が秀逸!
オーバーテイクが難しくなった昨今のF1において、あれだけ華麗に、それもミスなく、相手への攻撃もなくオーバーテイクを決めれるあのテクニックは神業!本当に凄いという一言に尽きます!!
こんな走りを見せられるとやっぱりF1っていいな~って心から思える。
今季初優勝!最高でした!!

ちなみに、同僚フェルスタッペンも同じマシンでオーバーテイクを盛んに行った一人なんですが、やっぱりまだまだ若いな~って感じ。
メルセデス:ハミルトンとは、先日の一件がある為にある程度の熾烈なバトルがあるのは納得だけど、フェラーリ:ベッテルにぶつけてレースを台無しにしてくれたのは、かなり最悪だ~。
あの強引さを見て、リカルドの走りを見ると、『あ~、若いな~』ってやっぱり思ってしまうね。
あれが無かったら、2位も取れたかもしれないのにね~。
まあ、それ以上にフェラーリの勝利を邪魔してくれて何してくれるの!(怒)って感じです。

とはいえ、今日のベッテルのペースはあまり良くなかったね。
ピット戦略(アンダーカット)でボッタスに先行を許してたし。
フェラーリ好調の陰に何だか不安要素が見えたようなないような・・・。
次戦アゼルバイジャンGPではどうなるか?気になる所です。

今季好調なライコネンは、今回は運に見放される事なくしっかりと結果を出しました~。
3位表彰台ゲット。
予選までの速さを見てたら、優勝して欲しかったんだけどね~。
38歳のライコネン。
それでもこの結果は凄いと思います!
この調子でコンストラクターズをフェラーリの手に!!

最後に、トロロッソ・ホンダのお話。
前回バーレーンGPが出来過ぎな感はあったけど、今回どうしちゃったの?というぐらい速さが無かった。
挙句の果てにチームメイトとクラッシュを演じてしまって・・・。
何故遅かったのか解明して、次戦からまた強さを発揮してくれる事を願ってます!

今回レッドブルが初めてまともに決勝を走って、見事勝利を手にした訳ですが、今年のF1は本当に面白くなりそう。
TOPが凄く接戦だし、中段グループも誰が抜け出すのか分からないし。
久々にわくわくする展開が盛りだくさんで嬉しいな~。

次戦はアゼルバイジャンGP。
2週間後が凄く楽しみです!

では、中国GPのハイライト映像をどうぞ!

<広告>
フェラーリ:ベッテルの最高の走り。
トロロッソ・ホンダの頑張り!
凄く楽しかったバーレーンGPをもう一度味わってみませんか?
映像だけではなかなか分からない事もいっぱい書かれてますよ~。
F1好きは知ってるかもしれませんが(笑)、おススメの一冊です!!

F1速報 2018年 4/19号 第2戦 バーレーンGP

新品価格
¥590から
(2018/4/16 22:56時点)

F1カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ

第9節 FC岐阜 vs 徳島ヴォルティス 試合結果!(2018)

第9節 FC岐阜 vs 徳島ヴォルティス 試合結果をお伝えします!
<広告>




前節:東京ヴェルディとの一戦は良かったね~。
結果としては引き分けでしたが。
過去に負けている相手にFC岐阜が本当にいい戦いっぷりでした!
何せ開幕から負けなしの東京ヴェルディ相手にだもんね。
勝ち星でなくても嬉しくなってしまった私です(笑)
詳しくは、ブログ:第8節 FC岐阜 vs 東京ヴェルディ 試合結果!(2018)をどうぞ。

さあ、今日のお相手は、徳島ヴォルティ。
これから上位へ上がって行く為にも勝ち点が欲しい!
そのきっかけを掴めたらイイね。
それでは、FC岐阜のスターティングメンバーからどうぞ。

<FC岐阜:スターティングメンバー>

ポジション背番号選手名
GK25ビクトル
DF竹田 忠嗣
DF15田森 大己
DF16福村 貴幸
DF阿部 正紀
MF30中島 賢星
MF23小野 悠斗
MF31宮本 航汰
FW田中 パウロ淳一
FW11古橋 享梧
FW10ライアン デ フリーズ

今回の徳島ヴォルティスとの一戦は、ホーム:長良川球場。
アウェイとホームと行ったり来たりで大変でしょうが、選手のみなさん、サポーターのみなさん頑張ってください!

さて、試合内容です。
お互いポゼッションサッカーで戦うチーム。
さらに相手の徳島ヴォルティスの方がより攻撃的な感じなので、かなり大変だと思ってましたが・・・。
最初からプレスをしっかりかけられて、FC岐阜の良さが全く出ない展開。
ボール支配率・パス回し、どれも厳しい状況。
はっきり言って、キーパー:ビクトル選手のファインセーブが無ければ何点取られた?と言う程攻め立てられたね~。
本当にビクトル選手に感謝です!
やっぱり同じ感じのチームが相手だとなかなか難しいね。

しかし、耐えに耐えたFC岐阜にも流れは何度かやってきましたが・・・。
後半の古橋選手のキーパーとの1対1は、本当に惜しい!
決められなかったのは残念ですが、その前の抜け出しの時に相手ディフェンスの人と競り合って負けなかった所は凄いね!!

試合は、0-0の引き分け!
FC岐阜は、前回の東京ヴェルディとも引き分けて、今シーズン始まってから課題の失点の部分がかなり改善してきた気がする!
この調子で失点を抑えつつ攻撃に力が付けば上位を目指せるはず!!
今後を考えるとめっちゃわくわくするね~。

何にしても、今日の試合は最初から最後まで両チームが本当に激しく攻め合い守り合いで緊張感たっぷりのいい試合でした。
お互いのチームで足をつる選手が続出したのがその凄さを物語っていたもんね。

試合とは全く関係ないですが、スプリンクラーがいきなり動き出す珍事(?)が!
原因が何だか分かりませんが変な事も起きるもんですね(笑)

今回の試合後の順位は、2つ下がって18位。
何とか一桁へ!
頑張れFC岐阜!!

それでは、今回のFC岐阜vs徳島ヴォルティスとの戦いハイライトをどうぞ!

<広告>
スポーツ観戦をTVでするのもいいけど、やっぱり現地で見る魅力には勝てないと思いませんか?
あの雰囲気を味わってしまうとね~。
ファンのみんなと交流、デートで恋人と一緒に行く、もちろん一人でも楽しめる!
チケット買って、自分の好きな時間を満喫出来るとイイね。
チケットぴあ
チケットぴあ

FC岐阜カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ

中国GP F1 第3戦 中国GP 2日目(フリー走行3回目・予選)(4月16日更新)

<広告>




気まぐれな雨と風に翻弄されそうな中国GP
今日は、フリー走行3回目と予選が開始です!

<フリー走行3回目>

順位ドライバー/チーム タイム
1位ベッテル/フェラーリ1’33.018
2位ライコネン/フェラーリ1’33.469
3位ボッタス/メルセデス1’33.761
4位フェルスタッペン/レッドブル1’33.969
5位ハミルトン/メルセデス1’34.057
6位マグヌッセン/ハース1’34.329
7位ペレス/フォース・インディア1’34.445
8位オコン/フォース・インディア1’34.456
9位サインツJr./ルノー1’34.582
10位シロトキン/ウィリアムズ1’34.741
11位ヒュルケンベルグ/ルノー1’34.841
12位アロンソ/マクラーレン1’34.851
13位バンドーン/マクラーレン1’34.977
14位ハートレー/トロロッソ1’34.991
15位リカルド/レッドブル1’35.061
16位ガスリー/トロロッソ1’35.079
17位ストロール/ウィリアムズ1’35.375
18位ルクレール/ザウバー1’35.497
19位エリクソン/ザウバー1’35.679
20位グロージャン/ハース1’35.756

実力で出た結果ではなくても、開幕2連戦を落としているメルセデスとしては負ける訳にはいかない状況。
逆にフェラーリがマシンの総合力が問われる中国GPでメルセデスに勝てれば、今後の展開がとっても楽しみになるんだけどね~。

雨がパラパラとして、めっちゃ風が吹いてるので本当の実力が分かりにくいみたいですが・・・。
フェラーリの両ドライバーはいい感じ!
昨日のライコネンの発言もあったけど、もっと速く走れるよ~って事だから、めっちゃ期待大(嬉)
フリー走行では2台で1・2位を獲得しました。
・・・予選のパーティモードが何秒縮むだろう?開幕戦は0.6秒ぐらいでしたでしょうか?

メルセデス:ハミルトンは、雨に足元をすくわれてスピン。
あまり見ない映像だね。
最高のドライバーでもこんなコンディションでは難しさが出る。
こんな人間的な部分が出るからモータースポーツって面白いと思う。

ちなみに、TOP勢で気になるのがレッドブル。
開幕戦からトラブルがガンガン起きて、実力とは程遠い結果になってるけど、今回のフリー走行でも問題が!
リカルドのマシンからめっちゃ白煙と炎が・・・。
フェルスタッペンのマシンも最高速の時に何か違和感(?)を抱えてるみたいな無線があったし。
ルノーエンジンとホンダエンジン。
ほぼ無いとは思うけど、裏に色々な駆け引きがあるのでは?と勘ぐってしまう話だね(笑)

トロロッソ・ホンダは、TOPスピードはのびてるけど、タイムが少し・・・。
決勝で抜く事を考えてのセッティングにしてるのかな?
まあ、悪いと言ってもマクラーレンとの差は、0.1秒とかなので予選・決勝ではまた違った結果になるかもと期待してます!
そして、壊れないエンジンにしてきているホンダ!
去年から見たら凄い進展だと思う。
頑張れ!ホンダ!!

フリー走行3回目のハイライト動画をどうぞ!

2時50分から予選。
楽しみな1時間を過ごす為にもう一回フリー走行3回目を見よ~っと(笑)
ではまた後でお会いしましょう!

<予選>

順位ドライバー/チーム タイム
1位ベッテル/フェラーリ1’31.095
2位ライコネン/フェラーリ1’31.182
3位ボッタス/メルセデス1’31.625
4位ハミルトン/メルセデス1’31.675
5位フェルスタッペン/レッドブル1’31.796
6位リカルド/レッドブル1’31.948
7位ヒュルケンベルグ/ルノー1’32.532
8位ペレス/フォース・インディア1’32.758
9位サインツJr./ルノー1’32.819
10位グロージャン/ハース1’32.855
11位マグヌッセン/ハース1’32.986
12位オコン/フォース・インディア1’33.057
13位アロンソ/マクラーレン1’33.232
14位バンドーン/マクラーレン1’33.505
15位ハートレー/トロロッソ1’33.795
16位シロトキン/ウィリアムズ1’34.062
17位ガスリー/トロロッソ1’34.101
18位ストロール/ウィリアムズ1’34.285
19位ルクレール/ザウバー1’34.454
20位エリクソン/ザウバー1’34.914

予選前のフリー走行3回目で派手にマシンが壊れたレッドブル:リカルドのマシンがラスト3分(タイム計測1回分)でギリギリ間に合った~!
メカニックさん達のお仕事凄いです!!
また、それに答えるように一発アタックでQ1を通過したリカルドもお見事です!

Q2では、メルセデスがフェラーリに遅れをとっていると思ったら最後の最後で伝家の宝刀が。
そう!いわゆるパーティモード発動か?
軽々と1・2位を独占するこの状況はどうなのよ。
ただ、唯一の救いは、ここ3戦までで言えば、メルセデスは柔らかいタイヤでタイムが出にくい事。
フェラーリは、順当に速いからまだ何とか対抗できるけど・・・。

Q1は、フェラーリが見せてくれた!
ライコネンがコースレコード出した直後にベッテルが塗り替えるといった見事な競演。
ラストのラストでベッテルがポールを取り返した時には鳥肌もんだった!!
最終的に1・2位をゲット!
この調子で決勝も勝てるといいな~。

中国GP決勝のブログはこちらから

白熱した予選のハイライトをどうぞ!

<広告>


F1カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ