第27節(2019) FC岐阜vsアビスパ福岡 結果

第27節(2019) 今回は、サッカーJ2リーグ:第27節(2019)です。
『FC岐阜 vs アビスパ福岡』の試合結果と個人的感想です!
<広告>




今回の第27節(2019)は、ホーム:長良川球場で開催。
地元岐阜で勝利を手にしたらめっちゃ盛り上がるだろうな~。

さて、今日の第27節(2019)のお相手は、アビスパ福岡さん。
試合日程の兼ね合いで起き得る話だけど、ちょっと前に戦ったばかりのお相手。
一ヶ月ぐらい前の話か?

前回の対戦は、第21節。
結果は、3-1で勝利!
それも連敗街道を止めれた記念すべき戦いでした。
※第21節(2019)の試合結果は、
ブログ:第21節(2019) FC岐阜vsアビスパ福岡 結果。も良かったらどうぞ。

前回の戦いから、アビスパ福岡さんもめっちゃ攻めてくると思う。
だからこそ、今日の試合でFC岐阜の成長がしっかりと見れるとイイな~。
前節:V・ファーレン長崎との戦いでは、非常にイイ流れで勝てたし。
※前節:V・ファーレン長崎戦は、
ブログ:第26節(2019) FC岐阜vsV・ファーレン長崎 結果。も良かったらどうぞ。

それに、最下位脱出に向けても勝たないといけない!
今日の第27節(2019)は、そういう意味でもFC岐阜が試される一戦かと。

さあ、どんな展開になるのかな?
とにかく先制点が欲しい。
お~!って感動するようなシーンがいっぱいだとさらに嬉しい(笑)

第27節(2019)も頑張れ~!FC岐阜!!

それでは、
第27節(2019)のFC岐阜:スターティングメンバーからどうぞ。

<FC岐阜:スターティングメンバー>

ポジション背番号選手名
GK43ヤン オレ ジーバース
DF竹田 忠嗣
DF甲斐 健太郎
DF17藤谷 匠
DF22柳沢 亘
MF38塚川 孝輝
MF31宮本 航汰
MF39馬場 賢治
MF川西 翔太
FW29ジュニオール バホス
FW10ライアン デ フリース

第27節(2019)の試合結果です!

試合前の監督のコメント。
『技術云々の前に、追いかける21位に追いつく為の気持ちが重要!』

最近前向きになってきたFC岐阜。
今日の試合も監督の気持ちが注入されているかな?

前半。
立ち上がりは集中して守れている感じ。
サイドから崩されそうになっても、以前ほどドタバタ感が無い。
引いた守り方で相手へのプレスが足りず、好きにやられてた状況も改善が見られる。
DF陣も1対1での対決に自信が付いてきたのかな?
いい感じ!

そして、カウンターもちょこちょこ繰り出してる攻撃陣。
攻めのパターンに厚みが増して形にはちゃんとなってる。
裏を取ろうと走り込む動きもあった。
まあ、決定的なシュートまでは持ち込めてないけれども・・・。

何にしても、一方的にやられる展開ではなさそう。
悪くはない立ち上がりだね。
だからこそ、先制点が欲しい・・・。

それと、バホス選手は、調子が満足に出せてないのかな?
一人前線で突破役をしてもらってるけど、突破した後の精度がイマイチ。
もちろん、相手も必死に止めに来てるから簡単ではないのは分かるけど・・・。
FC岐阜で最初に試合に出た時のインパクト(迫力?)が減ってるような気がする。
気のせいならいいんだけど・・・。

そして、37分。
いい流れで来たFC岐阜だったけど。
一つの動きが失点へ。

プレスが悪かった?
技術的に負けた?
悪い!と言える所は無かったけれど。
・・・素人の私だからの意見かもしれないけれども。
でも、細かい所で綻びがあったんだと思う。

何にしても、失点。
先制点は、相手がゲット。
追いつかなければならない!

まだまだ前半。
ここからの試合の組み立てが出来るのか?
FC岐阜にとっての試練。
勢いを保つ為にも踏ん張って欲しい!

ちなみに、試合前の監督からの目標。
気持ちで負けない!
出来てます!!

44分。
得点にはなってないけど、竹田選手のロングシュート。
GKも動けない素晴らしいシュート。
残念ながらゴールポスト直撃で得点ならず(泣)
さらに、それに反応して詰めた馬場選手のヘディングシュート。
枠外に外れたけれども・・・。

今日の試合の流れは悪くないんだけれども。
成功へのピースが何故だか一つハマらない。
こんな時もある事は分かるけど。
もどかしい(笑)

前半は、0-1で折り返し。
先制された状態。
後半での巻き返しは必須。
まだまだこれから。
期待してます!

ハーフタイムデータです。
<FC岐阜>
・シュート数:5本(枠内=1本)
・コーナーキック数:1
・ボール支配率:43%

<アビスパ福岡>
・シュート数:5本(枠内=2本)
・コーナーキック数:2
・ボール支配率:57%

先制点はアビスパ福岡だったけど。
やっぱり数字の上では、完璧に負けてるって事はない!・・・よね?
FC岐阜が自分達へ流れを呼び込めるかどうか。
やっぱり、最後は気持ちの部分が分岐点だね。

とは言え、アビスパ福岡さんも、後半にはスイッチを入れてくるだろうから。
それを受け止めつつ攻略しないといけないFC岐阜。
泣き言を言ってる余裕もないし。
頑張れ~!FC岐阜!!


後半。
開始からFC岐阜の気迫は十分。
縦を崩すべく走り込んではいる。
アグレッシブルさを忘れてない。

でも、ペースを崩さないアビスパ福岡。
むしろ、しっかりとした攻撃で反撃して来るし。
それもシンプルかつ嫌~な攻撃。

それにしても、
引き締まった試合って、わくわく・ドキドキ感がたまらないね~!
負けてはいるけど、めっちゃ面白い!!

後半中盤。
FC岐阜のチャンス到来。
しっかり守れてると攻撃陣に流れがやってくる。
が、もう一歩。
相手へのプレッシャーにはなってるだろうけど。
崩し切れない・・・。

そして、77分。
攻め続けたFC岐阜がカウンター一発を受けて、失点。
これも完璧に競り負けた訳ではないけれども。
マークも付いてて、相手を楽させてなかったけれども。
アビスパ福岡の選手を称賛するしかないかな・・・。

ただ一言。
厳しい展開。

最終的な試合結果は、0-2で敗戦。
一か月前の借りをきっちりと返されたような第27節(2019)でした。
残念!

でも、悲観的になる事はないかと。
ちゃんと監督からのメッセージがチームに浸透して来てるし。
それが上手く機能し始めてる。
2点差が付いた後もズルズル失点を重ねなかったから。

とにかく、負けは負けとして。
今は、今日の第27節(2019)から学んだ事が、次節でどんな形で表れてくるのかが楽しみ!
それぐらい、チームの変化量が大きいのを感じるFC岐阜です。
でも、負けはやっぱり嫌だから勝って~!


第27節(2019)終了時のFC岐阜の順位です!
22位。
最下位からの脱出がしたい~。

でも、相手も頑張ってる訳で。
21位の背中はまだまだ遠い。
しかし、状況次第では一気に追いつける一でも
ここで集中力を切らさずにFC岐阜が戦い抜く事が出来ます様に!

次回:第28節は、ツエーゲン金沢さんとの戦い。
個人的に勝った事がないのでは?と思ってしまうお相手。
でも、勝ち点を1つでも積み上げれるように。
そして、今までのFC岐阜とは違う所を見せて欲しいね。
頑張れ!FC岐阜!!

それでは、最後にJ2リーグ:第27節(2019) FC岐阜vsアビスパ福岡との一戦(ハイライト)をどうぞ!

今年(2019年)のFC岐阜の試合結果一覧は、ブログ:J2・2019 FC岐阜の試合日程・試合結果を発表!からどうぞ。


<広告>
全国の色々な所で戦うJ2リーグ。
観戦に行きがてら旅行にも行けたらイイよね~って思う。
欲張り過ぎか?(笑)
現在夏休み。
お出かけのご予定はありますか?
旅行計画の選択肢としていかがでしょうか?
楽天市場

FC岐阜カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ

第26節(2019) FC岐阜vsV・ファーレン長崎 結果

第26節(2019) 今回は、サッカーJ2リーグ:第26節(2019)です。
『FC岐阜 vs V・ファーレン長崎』の試合結果と個人的感想です!
<広告>




今回の第26節(2019)は、長崎で行われました。
岐阜からは、遠いね~。
・・・かなり昔に行ったきりだから、また行きたいなぁ~。

今回のお相手は、V・ファーレン長崎さん。
今シーズンは、第9節で対戦してます。
結果は、0-4で大敗したお相手ですが・・・。
※第9節(2019)の試合結果は、
ブログ:第9節(2019) FC岐阜vsV・ファーレン長崎 結果。も良かったらどうぞ。

しかし、北野誠監督に代わってからチームも変わり始めてる!
上位勢との戦いとなった、前節:大宮アルディージャ戦・前前節:京都サンガF.C.との戦いでは、しっかりと変化を感じ取れてる!!
※前節:大宮アルディージャ戦は、
ブログ:第25節(2019) FC岐阜vs大宮アルディージャ 結果。も良かったらどうぞ。
だからこそ、今日の第26節(2019)では、勝利という終わり方になって欲しい。
上昇のきっかけを~。

暑い中での3連戦、最終日。
どんな戦いになるのかな?
最近の試合は、わくわく出来る試合が多い。
イイねイイね!

第26節(2019)終了後には、笑顔で終われます様に~。
頑張れ~!FC岐阜!!

それでは、
第26節(2019)のFC岐阜:スターティングメンバーからどうぞ。

<FC岐阜:スターティングメンバー>

ポジション背番号選手名
GK43ヤン オレ ジーバース
DF竹田 忠嗣
DF甲斐 健太郎
DF17藤谷 匠
DF22柳沢 亘
MF38塚川 孝輝
MF31宮本 航汰
MF39馬場 賢治
MF川西 翔太
FW29ジュニオール バホス
FW10ライアン デ フリース

第26節(2019)の試合結果です!

前半開始早々。
試合はいきなり動きました!

先制点を入れたのは、V・ファーレン長崎。
3分。
センターリングからフリー状態のヘディングシュート。
フリー故のしっかりとゴール隅にコントロールされたシュート。
お見事。

問題は、センターリングを簡単にさせてしまった事か。
前々からゾーンで守るFC岐阜は、プレスが薄し、相手に突破されてしまったし。
とにかく、簡単にプレイさせてしまってる時に失点しているのは確か。
単純にプレスかけて抜かれても困るし、難しい所だね。

でも、最近のFC岐阜は、チーム一丸で前を向く気持ちをしっかりと持ててる!
9分。
バホス選手がボールを持って、ドリブルで突破してシュート。
惜しくもゴールポストに当たって、得点にはならず。
めちゃくちゃ惜しい~。

22分にも馬場選手の縦からのドリブルからバホス選手へ。
切れ込みつつのシュートは、GKの正面でセーブされたけど。
湧き上がるような攻めの厚み。

この攻撃の厚みは、本当にいい感じ。
失点して相手ペースになった試合を相手に渡さずに踏みとどまる事が出来る。
これは、失点が多いFC岐阜にとって、修正問題への北野誠監督のしっかりとした答えだと思う。

それにしても、V・ファーレン長崎の攻めは強力だなぁ~。
攻撃の時のスピードアップが本当に速い。
FC岐阜のDF陣が置いて行かれそうで怖い・・・。

単純な話ではないだろうけど、FC岐阜がこんな攻めも出来る様になれれば、もっと強くなるだろうね~。
29分のライアン選手の縦への突破&シュートのシーンは、それが出来てた。

ただ、試合は膠着状態。
お互いが良いシーンを作るけど、あと一歩の決定的シーンは見られず。
もどかしい~。
このまま取れそうで取れない展開だと厳しくなるので、前半の内に点が欲しいよ~。

この願いが叶ったのが、45分。
川西翔太選手が相手DF陣の裏を取る走りの中でパスが出され・・・。
振り切った状態でのシュート。
角度も少なかったけど、冷静に決めてくれた。
同点だ~!
川西翔太選手のテクニック、素晴らしいです!
素敵だわ~!!

ハーフタイムデータです。
<FC岐阜>
・シュート数:13本(枠内=5本)
・コーナーキック数:4
・ボール支配率:52%

<京都サンガF.C.>
・シュート数:5本(枠内=3本)
・コーナーキック数:0
・ボール支配率:48%

前半の序盤に失点はしたけれども。
その後、攻める事で流れを渡さず、徐々に攻撃の回数が多くなってきたなぁ~って思ってたけど。
データ的にも表れてたね。

シュート数が非常に多かったし、北野誠監督になってからは珍しいボールの支配率でも勝ってる。
・・・最近のFC岐阜は、ボール支配率が低いからね~。
さらに、相手にコーナキックをさせてなかったし。

こんな所にもFC岐阜の変化が見れて嬉しい。
そして、その中で同点で折り返せれたのは、もっと嬉しい!
この流れで後半もどんどん前へ行けたら・・・勝てる?
そんな願望を持ちつつ、後半を楽しみたいと思います。


後半。
48分。
前半とは全く逆の展開をFC岐阜が見せた!
川西翔太選手が相手からボールを奪って、強烈なミドルシュートで逆転!!
やった~。

シュートも素敵だけど、それ以上に良かったのは、
宮本航汰選手が川西翔太選手を追い越して走る動きが出た事。
これは、相手の動きにも影響を与えれたと思う。
やっぱり前を向く(相手を楽にさせない)攻撃陣の頑張りが点数に繋がってると思う。
この調子を維持して欲しい。

そして、後半57分。
塚川孝輝選手から馬場賢治選手へのスルーパス。
馬場賢治選手が斜め前へと走る事により、相手DF陣を引っ張るきっかけに。
この攻撃は不発に終わったけど、こぼれたボールがライアン デ フリース選手へ。
しっかりとゴール隅に勢いをもったシュート。
完璧!

今回もシュートも素晴らしかったけど、その前のきっかけとなる攻めの動き。
攻撃パターンの厚み。
これがしっかりと形になってる。
ライアン選手のシュートコースが出来た流れ。
FC岐阜の武器になって来てる!

さらに、フィニッシュ精度も確実に上がって来てる。
これは練習の成果なのかな?
・・・練習を見に行った事なくて、ごめんなさい。

その後の試合は、しっかりと無失点で抑えれたFC岐阜。
・・・紙一重的な時もありましたが。
でも、追加点を入れた事で精神的にも楽になったね。
・・・その分、攻め込まれる時間も増えてる気がするけど。
DF陣も前に比べて連携とか自信とかが出て来てる気がする。
何て言うか、ヒヤヒヤ感が前より減ってる。
イイねイイね。

後半の攻める力の失速は気になったけど。
試合結果は、3-1で勝利!
めっちゃ嬉しい~。
やっぱり勝てると嬉しい。
最高の結果になった第26節(2019)。

勝利の余韻と共に。
早くも次節への期待を持ってしまっている私です(笑)


第26節(2019)終了時のFC岐阜の順位です!
22位。
前半の借金を返すのは、なかなか大変だな~。
でも、しっかりと勝ち点を積み重ねてるので、21位に手が届き始めてる!

FC岐阜にいい流れが来てる。
それも、いい流れを自分達で引き寄せれてる。

次回:第27節は、アビスパ福岡さんがお相手。
順位も近いお相手。
数節前に戦ったお相手。

勝った後だからこそ、気持ちを引き締め直して。
とにかく勝利を!
頑張れ!FC岐阜!!

それでは、最後にJ2リーグ:第26節(2019) FC岐阜vsV・ファーレン長崎との一戦(ハイライト)をどうぞ!

今年(2019年)のFC岐阜の試合結果一覧は、ブログ:J2・2019 FC岐阜の試合日程・試合結果を発表!からどうぞ。


<広告>
全国の色々な所で戦うJ2リーグ。
観戦に行きがてら旅行にも行けたらイイよね~って思う。
欲張り過ぎか?(笑)
現在夏休み。
お出かけのご予定はありますか?
旅行計画の選択肢としていかがでしょうか?
楽天市場

FC岐阜カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ

ドイツGP(2019) F1 第11戦 決勝

ドイツGP(2019) 2019年 F1 第11戦 ドイツGP:決勝をお伝えします!
このブログでは、個人的感想とかタイム・順位結果を書いてます。
お楽しみください!
<広告>




今回のドイツGP(2019)は、フェラーリ:ベッテルの地元グランプリ。
・・・メルセデスチームのホームでもありますが。

ベッテルの奮起を期待してましたが、フェラーリの2台が好調みたい。
嬉しい誤算というべきか(笑)
特に金曜日・土曜日のフリー走行でいい結果でした。
※金曜日・土曜日の結果(レポート)もご参考までに。
ドイツGP(2019) F1 第11戦 フリー走行1・2回目
ドイツGP(2019) F1 第11戦 フリー走行3・予選

が、しかし。
最近のフェラーリらしいというか。
それも最悪の内容で・・・。
フェラーリ:ベッテルは、予選を走れずに最後尾スタート。
ルクレールもQ3で走れず10番手。
何でこうなるんだろうね〜。

また、前戦:イギリスGPの様にメルセデスの圧勝になるのかな?
※前戦:イギリスGP決勝については、
ブログは、イギリスGP(2019) F1 第10戦 決勝もどうぞ。

しかし、
今回のドイツGP(2019)のフロントローに並ぶのは、フェルスタッペン!
ハミルトンにも果敢に挑んでくれるのは間違いない。

さらに、灼熱の金曜と土曜日とは打って変わって雨。
完全なウェット路面。
この今までとは違う状況が、結果にどう左右するのかな?

そして、フェラーリの抵抗?逆襲?
どんな走りで結果がどうなるのか?
ドイツGP(2019):決勝は、大いに楽しめそう。

さあ、
ドイツGP(2019):決勝がスタートです!

まずは、ドイツGP(2019):決勝結果一覧から!
<決勝>

順位ドライバー/チーム
1位フェルスタッペン/レッドブル・ホンダ
2位ベッテル/フェラーリ
3位クビアト/トロロッソ・ホンダ
4位ストロール/レーシングポイント
5位サインツJr./マクラーレン
6位アルボン/トロロッソ・ホンダ
7位グロージャン/ハース
8位マグヌッセン/ハース
9位ハミルトン/メルセデス
10位クビカ/ウィリアムズ
11位ラッセル/ウィリアムズ
12位ライコネン/アルファロメオ
13位ジョビナッツィ/アルファロメオ
-位ガスリー/レッドブル・ホンダ
-位ボッタス/メルセデス
-位ヒュルケンベルグ/ルノー
-位ルクレール/フェラーリ
-位ノリス/マクラーレン
-位リカルド/ルノー
-位ペレス/レーシングポイント

ドイツGP(2019):決勝。

スタートでレッドブル・ホンダ:フェルスタッペンのTOP奪取を願ってたんだけどな〜。
めちゃめちゃのホイールスピンで完全な出遅れ(泣)
アルファロメオ:ライコネンに抜かれて4番手。
う〜ん。

逆にライバルが居なくなったメルセデス:ハミルトンは、スタート直後からハイペースで独走態勢を築こうと。
メルセデス:ボッタスは、悪くないけど良くもないと言うか。

ただ、雨のレースは波乱もいっぱい。
いきなり3週目には、セーフティーカーが出動。
さらに、路面も部分的に乾いてきたせいか、続々とタイヤ交換も。
ウェットタイヤからインターミディエイトタイヤへ。

ちなみに、ここまでの注目ポイントは、フェラーリ:ベッテル。
最後尾から10番手まで復帰!
開き直ってプレッシャーがないと、やっぱり速い。
ベッテルらしいと言うか。
去年のミスした時とは、状況は似てても大違いの走りを披露。
とにかく、ベッテルが復活方向に向かってるのは嬉しい。
ルクレールの活躍も嬉しいけど、やっぱりベッテルにももっともっと頑張ってほしい。
さあ、この後どうなるかな?

その後、各ドライバーが順当に周回を重ねてますが。
悩ましいのがタイヤ交換の時期。
段々と乾いていくのに合わせてタイヤ交換をするべきなのか?
それとも、降りそうで降らない天気がいたずらをするのか?
各チームの思惑が交錯する。
難しい状況でワクワクする(笑)

一種の賭けの様に攻めの戦略をとるチーム。
レッドブル・ホンダ:フェルスタッペンはミディアムタイヤで。
・・・ただ、攻めすぎた感はありますが。
スピンして、360度ターンで何事もなく戦線に復帰出来たのはラッキーだったね。

そして、フェラーリのツイテない流れが止まらない。
タイヤ交換のタイミングがバッチリで、TOP独走のハミルトンに追いついた!と思えた瞬間に足元を救われてコースオフ&リタイア。
あぁ〜。
悲しすぎる。
レースに勝てるかも!と思える展開だったのになぁ〜。
ルクレールの初優勝への道は、なかなかに遠い。

ちなみに、盤石を誇ってたメルセデスにも異変が。
ハミルトンがコースオフでマシンを壊して緊急ピットイン!
珍しくピットがタイヤ交換でドタバタしたり大混乱状態。
さらに、ピットインの方法がルール違反でペナルティー対象。
こんな風にドタバタで順位がどんどん落ちていくハミルトンを見れる日が来るとは・・・。

それにしても、色々あり過ぎて、書ききれない(笑)
何にしても、このドタバタ後にTOPに立ったのが、何とフェルスタッペン!
この男がまたまた来たよ〜。
次世代を背負うのが明白なこのドライバーが、再びホンダに勝利をもたらしてくれる?
いや、まだレースは半分残ってるし。
まだまだ分からないな〜。

そして、
最後の最後でもう一つのアクシデントが発生!
今度は、メルセデス:ボッタス。
数周前にハミルトンも同じように高速スピンしたけど。
ボッタスは、クラッシュ&リタイア。
今回ほど、メルセデスがドタバタで最悪の結果になったのは過去にあっただろうか?
ドイツGP(2019)の決勝スタート時に、誰がこんな結果をイメージ出来たでしょうか?

この影響で、ラスト5周はさらにエキサイティング。
と言うのは、フェラーリ:ベッテルが何とか5番手まで復帰して来てる!
・・・途中のタイヤ戦略とかで、フェラーリのダメな部分を露呈してたけど。
今日のベッテルは、いい感じ。
ノレてる時のベッテルは、本当にいい!
マシン差はあれど、抜くべき所でビシッと抜いて抜いて抜きまくり!

そして、2位でゴール!
20番手スタートから2位で終了!!
ベッテルのオーバーテイクショーは、シビレたわ~。

レッドブル・ホンダ:フェルスタッペンがまたまた優勝をゲット!
今季2勝目。
嬉しい~。
さらに、驚くべき(?)ドライバーが3位表彰台を獲得。
トロロッソ・ホンダ:クビアトが3位!
TOP勢が消えて、大波乱のレースだったとはいえ。
失礼ながら、まさかトロロッソ・ホンダが表彰台とは。
素晴らしい!
ファンタスティックだ!!

今回のドイツGP(2019)は、本当に何が起こるか分からない難しいレース。
だからこそ、最初から最後まで面白い展開が続いた素敵なレースだった。
こんなレースをもっともっと見たいな~。

次回は、ハンガリーGP。
夏休み休暇前の夏の連戦。
・・・その後1ヶ月近く開催が無いのはさみしいけど。
今日みたいな波乱の展開は起きないかもしれないけど。
でも、レッドブル・ホンダ:フェルスタッペンの躍動とか楽しみがいっぱいだ~。

それでは、今週末にまたお会いしましょう!

2019年レース結果は、レース結果(2019) F1:フリー走行・予選・決勝 結果!からどうぞ!


それでは、
ドイツGP(2019)終了時のドライバーズランキング&コンストラクターズランキングです!

<ドライバーランキング>

順位ドライバー/チームポイント
1位ハミルトン/メルセデス225ポイント
2位ボッタス/メルセデス184ポイント
3位フェルスタッペン/レッドブル・ホンダ162ポイント
4位ベッテル/フェラーリ141ポイント
5位ルクレール/フェラーリ120ポイント
6位ガスリー/レッドブル・ホンダ55ポイント
7位サインツJr./マクラーレン48ポイント
8位クビアト/トロロッソ・ホンダ27ポイント
9位ライコネン/アルファロメオ25ポイント
10位ノリス/マクラーレン22ポイント
11位リカルド/ルノー22ポイント
12位ストロール/レーシングポイント18ポイント
13位マグヌッセン/ハース18ポイント
14位ヒュルケンベルグ/ルノー17ポイント
15位アルボン/トロロッソ・ホンダ15ポイント
16位ペレス/レーシングポイント13ポイント
17位グロージャン/ハース8ポイント
18位ジョビナッツィ/アルファロメオ1ポイント
19位クビカ/ウィリアムズ1ポイント
20位ラッセル/ウィリアムズ0ポイント

最終的にアルファロメオの失格でポイントを獲得したハミルトン。
ボッタスと違う所は、本当にこうした小さな点なんだろうね。
・・・それが大きな差になって来るんだけど。

そして、虎視眈々にじわじわ近づいてるのが、フェルスタッペン。
この調子でメルセデスを止めて欲しい!

ベッテルも今日の表彰台で、新しい流れを引き寄せれます様に。
さらに、ルクレールの初優勝も速く見たい!

他にも。
今回の順位が、いつも随分違ったので、ランキングも若干変化が。
さらに、ウィリアムズ:クビカが復帰後の初ポイント獲得!
同僚:ラッセルにタイム的に負ける所はあっても、しっかりとポイント(=結果)を残せた事は、凄く嬉しい。

次戦のハンガリーGPで、今季F1も折り返して地点。
ドタバタしたメルセデスもすぐに復活してくるだろうけど。
まだまだ行方が楽しみです!

<コンストラクターズランキング>

順位チームポイント
1位メルセデス409ポイント
2位フェラーリ261ポイント
3位レッドブル・ホンダ217ポイント
4位マクラーレン70ポイント
5位トロロッソ・ホンダ42ポイント
6位ルノー39ポイント
7位レーシングポイント31ポイント
8位ハース26ポイント
9位アルファロメオ26ポイント
10位ウィリアムズ1ポイント

ルノーをトロロッソ・ホンダ抜いた~!
ウィリアムズが遂に念願の初ポイント獲得。
とにかく、連戦:ハンガリーGPでもまたまた順位が変わる可能性も大。
それでは、またお会いしましょう!!


<広告>
今回のドイツGP(2019)は、久々の大波乱のレースでした~。
目まぐるしく変わる展開を一発で把握するのは難しいぐらいに。
そんな中、今季2勝目を挙げた、レッドブル・ホンダ:フェルスタッペン!
若いのにしっかりと地に足が付いたようなレースを見せる若武者は素晴らしい。
・・・フェラーリの若武者も今後そうなって行ってくれるかな?
フェラーリ:ベッテルの20位から2位の走りも素敵。
色々あったドイツGP(2019)をF1速報と記憶で留めておくのはいかがでしょうか?
平凡ではないレース。
今後もこんなレースがいっぱい見れるとイイね!

F1カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ